スリランカ紀行 スリランカの人気ビール、ライオンラガー

スポンサーリンク



スリランカの酒屋に行ってみた

聖地ミヒンタレーの見学も終え、今夜の宿のあるハバラナの町を目指します。

途中見たのが、日本なら絶対逮捕されそうなこの光景。

スリランカではごく普通に見ることができました。

さて、ハバラナの町で最初にやることが、ビールの買い込みです。

実は明日は満月で、スリランカではポーヤ・デーという仏教徒の休日。

この日は労働を断って1日体を休め、寺院へ参拝する聖なる日とされているのです。

経済活動の他、食肉、飲酒など「不浄」とされる行為は停止され、お酒が欲しいなら今日の夜8時までに買い込まないと、明日は売っていないと言われました。

ハバラナの酒屋に案内されましたが、日本と違いすぎる店頭にびっくり!

どれだけ治安の悪い国の商店だろう?と思ってしまいます。

普通のハバラナの店(酒屋の隣)はこんな感じなのに。

お酒を人前で飲むのは、はばかられる

スリランカの場合、アルコール販売は日本と同じ免許制だそうですが、販売や飲酒については、日本よりもずっとずっとハードルが高い印象を受けました。

スーパーマーケットにもアルコールは売られておらず、ホテルやレストランにも置いていません。

おかげで旅行中は、いつもと違ってほとんどアルコール抜きで過ごす羽目になりました。

スリランカにも飲酒タブーのムスリムはいるし(最近ムスリムの人口が増えているそうです)、多数派の仏教徒にとっても、人前で飲酒するのが、はばかられるようなお国柄なのでしょうか。

この店も、(たまたまかも知れませんが)お客が全員おじさんでした!

日本のように、若い女性が気軽に飲酒できる雰囲気ではありません。

それでもガイドのランジェナさんにお願いして、スリランカの定番で人気のあるライオンラガーを購入してもらいました。

お酒は部屋で飲みましょう

今日の宿は、ガイドブックにも載っている大きなホテル、シナモン・ロッジ・ハバラナ。

ロビーが屋外にあったのが、面白かったです。

チェックインの時に、ウェルカムドリンクが出てきて大喜びです(緑のアボガドもしくは赤いスイカジュース)。

10ヘクタールという広大な敷地に、コテージが並んでいます。

私達の部屋はこんな感じ。

とても広くて、内装も美しくて大満足。

ここで先ほど購入したビールをいただきました。

とても美味しくて、コクもあってキレもあって、いくらでも飲めそうです。

普段あまり飲まない他の2人も、疲れと暑さのせいか、いつもよりたくさん飲んでいたように思います。

帰国後調べたところ、1881年創業のアジアでも屈指の歴史をもつ醸造所、ライオン・ブリューワリーの定番商品で、2006年にはモンド・セレクション金賞を受賞しているとか。

リゾート地のモルディブでもよく飲まれているビールのようです。

国旗にライオン(ライオンはシンハラ人のシンボル)が描かれている、スリランカらしいビールだなと思いました。

ご縁があれば、また飲んでみたいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です