レンタカーでバベルダオブ島一周2 ガラツマオの滝への道 

スポンサーリンク



熱帯雨林のジャングルへ!

2017年12月29日(金)、ベルトラで紹介されたベラウレンタカーでコンパクトカーを借りた私達は、バベルダオブ島一周ドライブに向かいました。

パラオ最初の目的地は、ガラツマオの滝です。

パラオと言えば青い海!というイメージが強いのですが、それとは全く違うジャングル探検から、私達のパラオ観光はスタートしました。

滝の入り口です。入場料は大人1人10ドルでした。

最初は下りの階段が続きます。

日本統治時代のトロッコ線路跡

しばらく歩くと、線路が出現。

かつての日本統治時代に採掘したボーキサイト(アルミニウムの原料)を運搬していたトロッコ跡(今は採掘されていません)らしいです。

隣接するアルモノグイ州の港から、日本へと積み出していたのだとか。

時の流れを感じました。

モノレールとジップロックはメンテナンス中

さて、ガラツマオの滝には、楽しい乗り物がある、と私達のガイドブック『地球の歩き方リゾートスタイルパラオ2017~18』には紹介されていました。

それが、可愛いモノレールやジップライン。

ジップラインはこんな乗り物です(写真は『ウィキペディア』より引用)

これならしんどくなっても乗り物に乗ればいいだけだし、アスレチックセンターにあるような、スリル満点のジップラインも面白そう!

と期待して行ったのに、乗り物の影も形もありません。

なんと、2つともメンテナンス中でした。

この建物の前にあるのが、どうもモノレールの線路っぽい。

これは明らかに、トロッコよりも新しそうな線路ですが、モノレールが通ることもないので、休憩のためのベンチ代わりにさせてもらいました。

この高い建物は、ジップライン乗り場のようですが、だれもいませんでした。

これにつかまって、滑り降りるのかもしれません。残念残念。

ジップラインもモノレールにも乗れないまま、また階段を下ります。

ビーチサンダルを履いているので、階段が織りにくい!

山の間にかすかに滝が見えました。うーん、まだまだ先なのかも。

滝の入り口から滝までは、30~40分の道のりです。

川の中を歩く

滝へと続く道は、途中から川の中を歩くことになりました。

私達はガイドブックを読んでいたため、予めビーチサンダルでトレッキングに臨んだのです。

ツアーで訪れる場合は、マリンブーツを貸してくれるなどで対応しているそうです。

私達はビーチサンダルなのですが、なかなか歩きにくい!

おまけに娘が選んだビーチサンダルは、川を歩いている途中で2度も、鼻緒に当たる部分が外れてしまいました。

パラオのショッピングセンター巡り&朝食に最適なコーヒー・ベリー

2018.01.31

安いのを選んでしまったのかな? とにかく歩け、歩けです。

しばらく行くと、外国人のツアー客らしき人たちが、川の中で水遊びに興じていました。

ツアーで訪れる場合は、服の中に水着を着ていき、思い切り水遊びをするようです(水着に着替える場所はないので、濡れたまま車に乗ってホテルへ戻ることになります)。

面白い形の岩のくぼみもありました。足跡みたいです。

川を渡ると、また木道が見えてきます。

この辺りは本当に、うっそうとしたジャングル。手つかずの大自然を肌で感じます。

滝の音がだんだん近づいてきました。

パラオ最大の滝とご対面!

やがて突然視界が開け、やっとガラツマオの滝が見えました。

外国人のツアー客が水着姿。どうやら滝つぼの中に入って水遊びしていたのでしょう。

滝の裏にも入れそうです。

この滝は、パラオの最高峰ゲレチェルチュース山の近くにあり、高さ・幅とも約20mで、パラオ最大の滝だそうです。

滝のすぐ近くまで行けますが、とにかく水しぶきがいっぱいで迫力満点!

帰りは登り道が多かったけれど、滝から元気をもらえたのか、行きの下りよりもビーチサンダルも歩きやすく、40分もかからずに戻れたような気がします。

ただ、泥やぬかるみの中も歩いたので、新品のビーチサンダルが赤茶色くなってしまったりもしました。

汚れてもいい履き物で行った方がいいかもしれません。

疲れたけれど、冒険気分が味わえる、とても楽しい場所でした。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です