冬の桜島&屋久島を訪ねて4 高速船で屋久島へ!安房の屋久島グリーンホテルで岩盤浴も

スポンサーリンク



2019年2月の3連休、桜島と屋久島を訪れました。

冬の桜島&屋久島を訪ねて3 サクラジマアイランドビューで桜島の見どころを巡る!

2019.02.19

冬の桜島&屋久島を訪ねて2 火山のパワーを実感した桜島

2019.02.19

冬の桜島&屋久島を訪ねて1 ピーチ機内持ち込み手荷物7㎏の壁

2019.02.18

鹿児島から屋久島へのアクセス フェリーか高速船か飛行機か

鹿児島から屋久島への交通手段としては、飛行機・高速船・フェリーがあるのですが、フェリー屋久島2の時刻表を調べたところ、1日1便。しかも鹿児島発が8:30です。

限られた3連休で、縄文杉も白谷雲水峡も見たいので(2日必要)、フェリーは断念。

飛行機と高速船を比べると、価格が安く、1日7便運航している高速船に軍配が上がります。

24時間運航、日中は1時間に3~4本の便がある鹿児島市営桜島フェリーの有り難みが、とてもよくわかりました。

屋久島までは約2時間。片道8,350円(往復割引の場合)。

それでもピーチと比べると(関空~鹿児島片道10,665円)、高く感じてしまいました。

注意! 高速船は座席指定あり

高速船は、フェリーと違って座席指定(シートベルト着用)があり、残席も少なかったので、急遽2月3日に高速船トッピー&ロケットサイトで予約。

行きは2月9日(土)15:00鹿児島発(種子島経由)安房17:30着の118便と、2月11日(月)13:30安房発15:30鹿児島着の114便にしました。

屋久島には、安房(あんぼう)と宮ノ浦という港があり、宮ノ浦の方が大きな町ですが、縄文杉に近いのは安房なので、夫は屋久島の拠点を安房に決定(逆に、最終日の目的地・白谷雲水峡からは安房が遠いことが後で判明)。

鹿児島の高速船ターミナルは、桜島フェリー乗り場から少し歩きます。

ターミナル窓口で、予約受付メールを見せて、座席を指定してもらいます。

眺めがいいかなと思い、2階船室にしてもらいました。

往復割引なので、往路の搭乗手続きの際に、往路の搭乗券(QRコードが印字されている券)と、復路の乗船券(搭乗券と引き換える券)を渡されます。

屋久島から鹿児島へ戻る際に、復路の乗船券がないと乗船できません。なくさないようにしましょう。

1時間ほど待合室で待ち(売店や食堂もあります)、ようやく乗船。

船体がフェリーよりも小さく、フェリーよりも揺れるため、行きは酔い止めを服用しましたが、前日徹夜した影響ですぐ爆睡。全然揺れを感じませんでした。

雨の安房港から屋久島グリーンホテルへ

7分ほど遅れて屋久島の安房港へ到着したときには、あいにくの雨。しかも本降りです。

私達のホテルは、屋久島グリーンホテル

割と大きなホテルのようですが、残念ながら、安房の港や街の中心地からは離れていました。

最初は港から歩くつもりでしたが、本格的な雨の中、道に迷いながら歩いても、荷物が濡れるばかりです。

結局タクシーを利用しました(港から630円)。

ホテルの公式サイトでは、「車で3分」とありましたが、グーグルマップのお告げでは、車で4分、徒歩では19分でした。タクシーにしてよかった!

ホテル料金の内訳

ホテルでは、フロントでとても丁寧な説明がありました。

私たちは、和室の部屋に宿泊。

本当は洋室が良かったのですが(ベッドに慣れている)、洋室が満室だったのでしょうか。

1月11日にBooking.comから予約して、シービューの和室2泊28,000円、消費税など2,560円、それに追加した2日分の朝食分弁当の代金4,000円(1食1,000円)は、カード払い。

昼食の弁当は、違う店で手配してもらうようで、こちらは現金で1食700円でした。

朝と昼のお弁当の価格差を気にしないようにと、フロントのスタッフにお願いされました。

お弁当は、4:50に用意するよう依頼。ちなみに、お弁当は部屋の鍵と引き替えでした。

朝早い出発で、夕方遅い帰りなのに、シービューでよかったのかなと疑問に思えましたが、3日目の出発が遅くなったので、少し眺望を楽しむこともできました。

初めての岩盤浴

せっかくなので、岩盤浴に挑戦してみました。

70分で864円。岩盤浴は初めてなので、女性スタッフから説明も受けました。

専用の作務衣、バスタオル、フェイスタオル、砂時計(5分)、水、岩盤浴ルームの鍵をもらい、慌ただしく大浴場へ。

いざ鍵を開けて岩盤浴ルームへ入ると、私だけの貸切でした。

のんびりできてラッキーでしたが、どこにも岩盤浴のやり方についての掲示がなく、さっきの説明をあまり覚えていない。

結局適当にバスタオルを敷いて、うつぶせになったり仰向けになったり。

室温42度、湿度75度の環境でたくさん汗をかいたけれど、どのくらい効果があったやら。

でもおかげさまで、夕食は抜きだったけど、ぐっすり眠ることが出来ました。

ちなみに、ホテルの近くにある「いその香り」という寿司店は、評判がよさそうでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です