想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り7  嵐山と化野念仏寺

スポンサーリンク

2年前の4月に訪れたクラブツーリズムのバスツアー「京都を彩る7つの桜めぐり」は、今でも心に残っています。

目的地は、哲学の道、南禅寺、知恩院、植物園、半木の道(なからぎのみち)、平野神社、嵐山。それになんと、円山公園も加わって実質8カ所!

もちろん昼食もついて1人7,990円という、ありがたいツアーでした。

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り6  平野神社

2021.03.24

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り5  半木の道

2021.03.23

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り3  円山公園と知恩院、ホテルでランチバイキング!

2021.03.21

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り2  哲学の道から南禅寺へ

2021.03.20

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り1  哲学の道と大豊神社

2021.03.19

嵐電で嵐山を目指そう! 沿線には「桜のトンネル」も!

15:00厳守で平野神社駐車場バス内に集合した私達は、

まず嵐電北野白梅町駅へ。グーグルマップなら1分ですが、やはり渋滞があり、少し時間がかかりました。

そしてここから、嵐電で嵐山を目指します。

なぜ嵐電かというと、バスで嵐山に行くと、渋滞が心配というのが1つめの理由。

そしてもう一つは、嵐電北野線の鳴滝駅と宇多野駅間に約70本のソメイヨシノの桜並木が200m続く、通称「桜のトンネル」をみるためです。

なかなかうまく撮影できませんでしたが、雰囲気は伝わったでしょうか。

プロのカメラマンが撮影した、社内吊りポスターと併せてご覧ください。

帷子ノ辻駅で乗り換えて、無事予定通り、15:40頃に嵐山駅に到着。

ここから17:15まで、最後の自由散策です。

桜の名所ではないけれど、化野念仏寺へ! 迫力の「西院の河原」

実は嵐山では、以前テレビで見て印象的だった化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)へ行こうと決めていました。

歩いて往復すると、全く時間が足りないので、行きはタクシーです。

到着してみると、一部工事中で見学できない場所があるみたい。

でも目的は、「西院の河原(さいのかわら)」なので大丈夫。

元々ここは風葬の場所で、空海が野ざらしになっていた遺骸を埋葬して供養のため千体の石仏を埋め、寺を建てたという伝説もあります。

1903(明治36)年頃、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集め、死者が渡るという三途の川にある「賽の河原」にちなんで「西院の河原」と名付けられたそうです。

約8,000体という夥しい数の石仏・石塔が、独特の景観を作っていました。

西院の河原は、残念ながら内部からの撮影は禁止とのこと。

外からの撮影しかできませんでしたが、独特の雰囲気はよく伝わったでしょうか。

化野念仏寺にはそれ以外にも、本堂や

水子地蔵堂、

インドのサーンチーの仏塔をモデルにした仏舎利塔などもありました。

夕暮れ時の嵐山を歩く

見学を終えたのは、16:15頃。集合までは、後1時間ほどです。

街中のようにタクシーがひっきりなしで走っているわけでもなく、グーグルマップでも、集合場所の嵐山観光駐車場までは徒歩35分と出ていたので、歩くことにしました。

あだしの まゆ村」という店の素敵なショーウィンドーや店先を見たり、

二尊院の前を通ったり、

坂本龍馬ら土佐四天王の銅像に驚いたり(龍馬が嵐山にいたなんてあまり聞かない)しているうち、

天龍寺へ。

ここも桜が綺麗でした。帰りは渋滞にもさほど巻き込まれず、夜19:00頃に梅田に到着。

春の一日を満喫できたツアーでした。またコロナが鎮まって、楽しいバスツアーができるといいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です