東横INN京都琵琶湖大津宿泊体験記 ホテルの近くで「しが周遊クーポン」の使える店

スポンサーリンク

JR大津駅から徒歩10分 京都観光にも滋賀観光にも便利な宿

2022年11月15日(火)・16日(水)の2日間、東横INN京都琵琶湖大津に宿泊しました。

滋賀県の大津に位置するのに、「京都」という名前なのがとても不思議だったのですが、実際に訪れてみると、(JRの場合)京都駅までわずか2駅で行けるということで、京都観光でも十分利用できる立地条件の良さだなと思いました。

JR大津駅からは徒歩10分と、東横INNとしては少し「駅前」という立地条件から外れるのですが、

京阪京津線京阪びわ湖浜大津駅から徒歩5分、京阪京津線上栄町駅からも徒歩5分なので、京阪京津線利用の方が、便利がいいです。大津の中心はJR大津駅ではなく、京阪浜大津駅なので仕方ないかな。

ホテルの前を、京阪京津線の路面電車が走っていました。鉄道好きな人にはたまらない立地ではないでしょうか。

朝食もなかなか良くて(上は15日、下は16日)

秋の観光シーズンのせいでしょうか、ビジネス客・観光客とも多いなと思いました。

しが周遊クーポンは事前に登録が必要!

今回の旅行で、初めて滋賀県で宿泊し、クーポン(しが周遊クーポン)を頂きました。

しかし紙で頂けるものの、発行には「全国版今こそ滋賀を旅しよう!」サイトから事前に申し込む必要がありました。

私たちは全くそれを知らず、東横INNのフロントで初めて知り、スタッフの指示でスマホを操作して何とかクーポンを発行してもらうことに成功。STAYNAVIクーポンには、こういう手続きが必要だったとは。

クーポンが使えるお店なども、事前にネットで調べておく必要がありました。得しようと思うと、かなり事前準備が必要ですね。

クーポンの使えるお店1 焼肉たんたん

東横INN大津の近くでクーポンが使える店として、まずお勧めなのが「焼肉たんたん」。

ホテルからは徒歩5分足らずの場所にある店です。

必ずドリンク1つは注文しなければならないとのことで、生ビール(600円)を注文。

一緒に出てきたお通しが、450円くらい。なかなか美味しかったです。

黒毛和牛上ハラミ(1,150円)、上ロース(1,050円)、赤身(1,000円)と

焼き野菜盛り合わせ(600円)、白ご飯(小)200円を注文。店を1人で切り盛りしているスタッフも明るい青年で、いろいろ話ができてよかったです。

クーポンの使えるお店2 三井寺力餅

もう1つ紹介したいのが、三井寺力餅

ホテルからは京阪京津線の走る道路沿いに、浜大津駅方面に行くと、すぐに見つかります。

京阪浜大津駅のすぐ目の前で、駅からは徒歩1分。

「力餅」というのは、比叡山の僧兵だった弁慶が三井寺の鐘を略奪し(当時比叡山延暦寺と三井寺は対立していました)、鐘をついたところ「イノー、イノー」(帰りたい、帰りたい)と鳴ったので、鐘を谷に投げ落としたという伝説にちなんで江戸時代に売られた餅だそうです。

その味が評判になって、現在でも大津のお土産として広く知られているのだとか。

青大豆と抹茶をきな粉にブレンドした独特の青い粉に、お餅がまぶされています。

出来立てのお餅はとても美味しくて、何個でも食べられます。

早速ホテルの部屋で少し頂きました(きな粉がこぼれそうだったので、新聞紙を敷いています)。残ったお餅は翌日家で食べましたが、十分柔らかかったし、青い特製きな粉は、ご飯にまぶして最後まで美味しくいただくことができました。

大津のお土産としてお勧めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です