TGVは、フランス地方都市へのアクセスにとても便利

スポンサーリンク



フランスは西ヨーロッパ最大の面積を誇る国で、パリだけではなく、地方都市にもたくさんの魅力的な観光地があります。

私の場合、パリのシャルル・ド・ゴール空港からパリに入ったことはなく、今回の旅行でも、空港からストラスブールという都市をまず目指しました。

 空港と直結! TGV空港駅

TGVとはフランス国鉄(SNCF)が誇る高速鉄道で、日本の新幹線のようなもの。

日本なら(関西の場合)、関西国際空港から到着した乗客は、まず新大阪駅まで鉄道やバスで向かい、そこから新幹線で目的地を目指します。

でもフランスでは空港にTGV駅があり、移動がとても便利でした。

これに乗るとパリ市内に立ち寄らずに、ストラスブールへ移動できます。

駅への行き方ですが、私達はターミナル1からCDGVAL(シャルル・ド・ゴール・ヴァル)という無人列車に乗り、ターミナル2を目指しました。

これがTGV駅のあるターミナル2で、案内掲示板のカーブがお洒落だと、娘が指摘していました。

確かに関空では見ないデザインでした。

駅への表示もすぐに見つかり、無事にTGV空港駅に着きました。

TGV空港駅は、ターミナルビルの2階部分が切符売り場や待合室になっています。

インフォメーションセンターもあって、係の男性が親切に教えてくれます。

私達はあらかじめ、今回の旅で使う鉄道切符を、レイルヨーロッパという日本のサイトで購入していました。

その方が安いし、飛行機から降りて出国審査を終え、スーツケースを受け取り駅に移動して、それから切符を買うとなると時間がかかってしまうためです。

狙った時間の列車に、万が一の航空機遅延などで乗り損ねた場合は、新たに切符を買いなおすというリスクもあるので、余裕をもってスケジュールを組みましょう。

今回は9:30着のトルコ航空がほぼ定刻通りで、予約していた11:08発の列車の出発40分前に駅に到着。

切符売り場はやはり長蛇の列でした。

これは待っている間にふとみつけた、携帯電話の人力充電器です(面白そうでした)。

いざTGV車内へ

乗る予定の列車がどの番号のプラットホームに入るかは、出発20分前に表示が出ます。

表示が出ると、1階のプラットホームへ。

座席は指定席なので安心なのですが、問題はスーツケース置き場の場所取り。

のんびりしていると、重い大型スーツケースを上の段に置かなければなりません。

スーツケース置き場があるだけ、まだありがたいと思った方がいいのかな?

日本の列車では、まだ、なかなか普及していないような気がします。

さて、TGVはフランスの誇る高速鉄道だけあって、乗り心地もとてもいいです。

車内の設備や乗り心地は文句なし。

トイレはもちろん、充電用の電源もありました。

フランス主要産業が実感できる車窓風景

TGVに乗っていて、一番日本の新幹線と大きく違うと思ったのが、車窓からの景色でした。

日本で新幹線に乗ると、絶対に家が視界にたくさん入ってくるし、山も次々に現れます。

ところがフランスでは、見渡す限り、一面の畑ばかり、という景色が続きます。

フランスが農業国であることは、時折ニュースなどで聞くけれど、こういう景色を見ると、本当にそうなんだと実感します。

どこを見ても山がないし、人家も見当たりません。

まるで北海道の富良野のように、緩やかな丘が続き、緑の畑と黄色い畑(花が咲いています)がパッチワークのようになっています。

所々には、畑の境界線でしょうか、木が何本か並んで立っていたりしました。

こんなに広くて平坦な土地なら、さぞかし農業に向いているでしょう。

帰国後、フランスの農業について調べてみました。

EU最大の農業国で「ヨーロッパのパン籠」と言われる。穀物、根菜、畜産などすべての農業部門において世界の上位10位以内の生産高を誇る。地形が概して平坦なため、国土面積の53.6%が農業用地と比率的には日本の約4.5倍に達し、国土の36%が耕作地で、18%が酪農用地である(国連FAO)。


穀物は、小麦、大麦、トウモロコシ、根菜はじゃがいも、テンサイ、畜産ではブタ、鶏卵、牛乳の生産が際立つ。このほか、亜麻やなたねの生産高も多い。テンサイの生産高は世界一である。

引用元:『ウィキペディア:フランス

あの黄色い花は多分菜種で、緑の畑は小麦畑だったのかもしれません。

農業のことも気になりましたが、こんな地形だから騎兵の戦法が発達したのかなと、ふと司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』が思い出されたりもしました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です