歴史

大河ドラマで学びなおせる日本史

大河ドラマで学び直せる日本史 城山の戦いと西郷隆盛の最後(『西郷どん』第47話)

とうとう『西郷どん』も最終回になりました。 薩摩軍の敗走 西南戦争中、資金難に苦しんだ薩摩軍は、資金調達のため大量の軍票=西郷札(さつ)という疑似紙幣を発行。 各地の士族たちを強制動員するなどして、兵員の補充も行いますが…

大河ドラマで学びなおせる日本史

大河ドラマで学び直せる日本史 西南戦争勃発!大久保利通も苦しんだ(『西郷どん』第45話)

つかの間の平和 菊草(菊子)も鹿児島へ 1876(明治9)年、廃刀令と金禄公債証書条例(士族への秩禄=政府からの給与打ち切り)により、各地で士族が反乱を起こしました。 政府にすれば、人件費高騰(お雇い外国人への給与もある…

大河ドラマで学びなおせる日本史

大河ドラマで学び直せる日本史 留守政府の西郷どん その実態2(『西郷どん』第43話)

今回も前回の続きで、東京で活躍していた西郷隆盛の実態について、紹介していきます。 ドラマでは描かれないところや、真実と違っているのでは?と感じるところもあり、特に明治になってからは、政治が複雑に絡んでいるから、ドラマにす…

大河ドラマで学びなおせる日本史

大河ドラマで学び直せる日本史 留守政府の西郷どん その実態1(『西郷どん』第41~42話)

気の重い留守番 1871(明治4)年7月の廃藩置県断行後、新政府の人事も改まり、西郷は木戸孝允(長州)・板垣退助(土佐)・大隈重信(肥前)と共に参議に就任。 薩長土肥から1人ずつ、参議が出ています(ちなみに大久保さんは、…

大河ドラマで学びなおせる日本史

大河ドラマで学び直せる日本史 西郷「隆盛」誕生(『西郷どん』第39話)

大河ドラマ『西郷どん』も、いよいよ大詰めです。 残りの回数を考えると、征韓論と遣韓論の違い、征韓論争と大久保さんとの対立、川路大警視と警官たち、田原坂の激闘や熊本城焼失など、どこまで丁寧に描いてくれるか、とても心配です。…