ピーチ&別府地獄きっぷで格安温泉旅行7 福岡空港利用体験記 ピーチ遅延に悩まされた旅

スポンサーリンク



2019年12月21~22日に別府温泉1泊旅行を楽しんだ私達は、とよのくに号で福岡空港に戻ることになりました。

とよのくに号北浜乗り場

トキハ別府店スターバックス前に、バス停がありました。

私は知らなかったのですが、トキハというのは大分県で3店舗を持つ百貨店(本店は大分市)。

別府店は2019年9月に全面改装したばかりで、百貨店や商業施設の他、足湯や大衆演劇の劇場を備え、土産物店なども充実しているそうです。

そういう知識があれば、もっと色々館内散策をしていたのでしょうが、別府タワー観光の後だし、濡れた傘もあるので、バス停前の百貨店入り口(屋内)の椅子で休憩しただけでした。

別府駅構内の土産物店で購入したかぼすドリンクを、バスが来るまでに初めて飲んでみたのですが、とても美味しかった!

大分県が全国の97%を占めるかぼすは、正真正銘の大分名物ですね!

福岡空港国際線ターミナル

とよのくに号は、福岡空港国際線ターミナル3階に到着。

国内線への無料シャトルバスに乗るため、ターミナル1階に向かいます。

福岡空港の国内線は利用経験ありますが、国際線は初めて。クリスマスムードですね。

アジアからの観光客が多いためか、なぜか関羽さんの人形もありました。

無料シャトルバスで国内線ターミナルへ

昨日同様、ターミナル間への移動には無料シャトルバスを利用しました。

昨日はとよのくに号に乗り遅れるかどうかの瀬戸際だったので、写真を撮る余裕など全然ありませんでしたが、今日は写真を撮ったり景色を楽しむ余裕ができました(雨だけど)。

車内リモコンを使ってゲートを開け、普通なら入ることができない制限区域内に入ります。

制限区域内の専用通路を通るため、一般道の渋滞にほとんど巻き込まれず、定時運行が可能なのだとか。

飛行機を間近で見ることができるし、普段入ることができない制限区域内を通るので、とてもお得感があるバスでした。

国内線ターミナル送迎デッキ

国内線ターミナルに到着し、ピーチのチェックインを済ませました。

JALやANAは、搭乗20分前までにチェックインすればいいのですが、ピーチは30分前までにチェックインしなければなりません。

当初予定していたバスよりも、1本早いバスにしてよかったなと思いました。

出発には少し時間があったので、ターミナルを探検。

土産物はもう購入したので、送迎デッキに行ってみることにしました(雨だけど)。

飛行機がたくさん駐機しているのを見ると、やはりテンションが上がります。

ドローン禁止区域です。

これから離陸しようとする飛行機や

着陸する飛行機も見て、大興奮! 乗り物が好きなのです。

でもよくよく考えてみると、この時間に着陸or駐機していても良さそうなピーチがいない。

嫌な予感がしてきました。

ピーチ1時間遅延 最終便とどちらが良かった?

やはり関空行きピーチMM0158は遅延でした。

16:55出発予定なのに、17:20出発予定となっています。

16;11の段階でまだ空港に到着できていないということは、17:20出発も怪しいのでは?と、スタバでコーヒーを飲みながら、夫と話していました。行きも帰りも遅延です。

結局出発は17:40頃。着陸予定時間も当初の予定より40分も遅く、18:45関空到着でした。

行きも帰りも30分以上遅れ、機内の雰囲気が不穏(?!)だったからか、いつもの「おおきに」アナウンスが行きも帰りもありませんでした。

LCCだから仕方がないのかもしれないけれど、やはりピーチの遅延率はひどいです。

乗り継ぎなど、時間に追われる旅行をする場合は、よく考える必要がありますね。

ちなみに今回、こんなこともあろうかと、敢えてピーチ最終便は避けたのですが、後で調べてみたら、機体のやりくりが付いたのか、福岡発関空行きピーチの最終便は、この日定刻運行していました。

とことんピーチとは相性が悪いのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です