HISで行くはわい温泉望湖楼でカニフルコースツアー2 老舗旅館のカニは上品な味わい

スポンサーリンク



今年も忘年会を兼ねて、HIS日帰りバスツアーでカニを食べに行くことにしました。

日本で唯一の湖上露天風呂!鳥取はわい温泉ご入浴と老舗旅館『望湖楼』で食す!2.5杯相当カニフルコース

11月23日から催行されているツアーで、私たちが参加したのは、12月8日(土)1人14,980円。

HISで行くはわい温泉望湖楼でカニフルコースツアー1 望湖楼まではトイレ休憩1回だけ 

2018.12.09

平日出発なら13,980円という、なかなかお得なツアーです。

眺めのいい宴会場が食事会場 椅子席なので大助かり!

望湖楼2階の宴会場が、私たちの食事会場。

ステージ背後の大画面モニターのような窓から東郷湖が望め、なかなかいい景色です。

和室ですが、イスとテーブルスタイルになっています。正座ができない私には大助かり。

トイレも私たちの部屋専用で、とてもきれいでした。

いよいよカニとご対面!

さて、いよいよ本日のツアーのメイン、2.5杯相当のカニフルコース。

お品書きも用意されていました。

食前酒の北条ワイン。鳥取中部に広がる北条砂丘で育ったぶどうから、作ったワインだそうです。

前菜の旬菜盛合せは、右端の料理にわさびがとても効いていたけれど、趣のある食器と味わいを楽しむことができました。こんな料理、絶対家では作れません。

お刺身のずわい蟹は、とても甘くてびっくり。もちろん、ホタテやエビもおいしかったです。

焼きずわい蟹も、固くなる前に食べるとなかなか甘くて、塩やレモンをかけなくてもおいしく頂けました。

そしてゆでずわい蟹。カニ味噌がたっぷりで、とても濃厚な味。

これは酢の物になるのですが、普段酢の物が苦手な夫も、この甘酢は、とても上品な味がすると大満足でした。

ただ、私はカニを食べるのに時間がかかるため、焦って食べているうちに、ずわい蟹鍋と、蟹足天ぷら、茶わん蒸しの写真を撮り忘れてしまったのが悔やまれます。

それに気が付いたのは、蟹汁と、蟹雑炊、そして特性フルーツジュレが運ばれてきてからでした。

たっぷり1時間半ほど蟹と格闘し、ほぼ完食。

私たちのツアーは、食事の制限時間は決まっておらず、食事とお風呂で2時間40分というスケジュールだったので、蟹を食べるのが遅い私でも、食事を楽しむことができました。

ちなみに、食事で出された乗りのつくだ煮(広島菜入り青しばのり)は、旅館1階の売店でも売っていました。

程よい甘さがとてもおいしくて、思わず1つ購入。

次はいよいよお風呂です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です