個人旅行の強い味方 地図アプリmaps.meとkindle版『地球の歩き方』

スポンサーリンク



2019年4月29日(月)、今日は1日ワルシャワ自由散策です。

昨日、現地時間で21時過ぎ(日本時間は明朝5時過ぎ)に寝たため、早く目が覚めてしまいました。

初めてのワルシャワ 地下道で迷ったノボテル・ワルシャワ・ツェントラムへの道

2019.06.09

街歩きに出かける前に、計画を立てよう

昨夜の失敗を繰り返さないためにも、今朝は観光前の事前準備が欠かせません。

室内WiFiが無料で助かりました。

まず、ガイドブックやネットのワルシャワ観光の記事を読んで、行きたい場所をリストアップ。

その場所を、地図アプリのmaps.meで検索します。

外国の地名の場合、アルファベットで入力しないと、うまく検索してくれないことも多いので注意しましょう。

トラベルサイトやガイドブックには、現地での表記(アルファベット表記)が記載されていますが、時にはアルファベットをメモする紙と筆記用具も必要でした(原始的!)。

kindle版『地球の歩き方』の注意点

今回私たちが持参したガイドブックは、kindle版『地球の歩き方』。

何よりありがたいのは、かさばらないし、重くないこと(重いんです!)

分冊で売られているのも、必要な部分だけ購入できるからありがたい。

それに、この本をもってうろうろしていると、すぐに「日本人だ!」とわかってしまい、セキュリティー上良くないのですが、kindle版だとその心配も無用です。

でも、大きな問題点もいくつかありました。

一番困ったのは(どのリーダーを使うにも共通の制約のようですが)、各ページが1枚の写真のようにデータ化されているので、小説のようにテキスト(文章)が文字として認識されていないこと

kindle版の『地球の歩き方』の現地アルファベット表記が、maps.meの検索欄にコピー&ペーストできないのはなぜだろう?とずっと疑問だったのですが、こんな理由だったとは。

大事な箇所にハイライトをしたり(蛍光ペンを引いて目立たせたり)、名所や都市の名前を入力して検索したり、といった使い方もできないそうです。まだやったことないけど。

他にも、『地球の歩き方』サイトでは、「おことわり」として多くの注意点が列挙されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

効率的な観光ルートを組み立てよう!

でもこうやって、少しずつでも地図に行きたい場所をブックマークしておく(赤いピンの印をつけて保存)と、自分の行きたい場所を俯瞰することができ、どの順番で移動すればいいのかも、何となくわかってきます。

maps.meの詳しい使い方については、こちらをご覧ください。

博物館などを見学する場合は、開館時間や休館日もチェックする必要がありますね。

これらをガイドブックやネット情報で調べ、効率的なルートを考えましょう。

私たちのワルシャワ見学希望場所をmaps.meで調べると、このような感じになりました。

この中で、1つだけぽつんと離れて東側にあるのが、ワルシャワ蜂起博物館。

博物館の開館時間も早いので(8:00から)、ここからスタートするのが、時間を有効に使えそうです。

その土地ならではのレストランやカフェ、おすすめメニューやクレジットカードの使用可否も、事前に調べておくといいですね。

次回はワルシャワ蜂起博物館の見学です。果たしてスムーズに見学できるかな?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です