モナコ・モンテカルロ地区のみどころ 絶景と美しい建物に出逢う旅 

スポンサーリンク

ニースから列車でモナコへ

2016年12月25日(日)、フランス国鉄の(SNCF)ニース・ヴィル駅から、7:30発のモナコ行き列車に乗りました。

まだ夜明け前で真っ暗の駅周辺ですが、ニース・ヴィル駅の駅舎は少しクリスマスムードがありました。

列車の外装はかっこいいし、内装も高級感があります。

今回の鉄道切符は、あらかじめ日本から予約しているものがほとんどで、ニースからモナコへの往復は、1等車指定席で1人9ユーロでした。

ニース~モナコ間はわずか22分。

単純比較はできないけれど、JR大阪~京都よりも少し近いのではないかと思われました。

モナコで唯一の鉄道駅であるモナコ・モンテカルロ駅はとても豪華な地下駅で、今からどんな素敵な場所に行けるのか、とてもわくわくさせられます。

さすが観光立国モナコの玄関口ですね。

地上へのエレベーターもとても大きくて立派でした。

これは、モンテカルロ地区方面へ向かう東口のエレベーターです。

この駅はかなり構内が広くて、地上への出口を間違えると、全然違うところに出てしまうようです。

駅からの絶景が素晴らしい!

モンテカルロ駅からエレベーターで地上へ出るのですが、まるで崖の上の展望台のようなところがありました。

そこから見える絶景にびっくり!

モナコって極端に岩山が多い地域だったのです。

まるで要塞のような岩山に、あちこちトンネルが開いていて、不思議な別世界に来たようでした。

今でこそ岩山の上に立派な高層マンション?も建っていますが、昔はどんな感じだったのでしょうか。

鉄道も、昔は地上を走っていたけれど、狭い土地を有効活用するために、モナコ国内を走る鉄道はすべて地下化されたそうです(モンテカルロ駅は1999年完成)。

これがモンテカルロ地区へ出る駅の東口。

横断歩道が、日本では見たことのない面白い配色です。

赤と白はモナコの国旗に使用されている色なのですが、それと関係あるのかな?

カジノ・ド・モンテカルロ周辺

モナコといえばカジノ!ですが、ギャンブルだけがカジノの楽しみではありません。

建物自体が美しいのです。

国営カジノのカジノ・ド・モンテカルロはフランス人建築家のシャルル・ガルニエによって設計されました。

ガルニエは、パリのオペラ座=ガルニエ宮を設計したことでも知られていますが、この建物もベル・エポック(古き良き時代)の香りが漂います。

豪華絢爛で非日常的な夢のような空間に身を置けば、現実を忘れて気前よく散財してしまいそう。

私達は朝の8:40頃に訪れたので、もちろんカジノは営業していませんでした。

でも見学だけなら、9:00~12:00に入場することもできたようだと、後で知りました(ドレスコードなし)

ちなみにカジノ営業は14;00からで、同じく入場料の10ユーロが必要です(ドレスコードもあり)

入場料が1人10ユーロかかるようなので、もし見学できるとわかっていても、多数決で入場しない可能性が非常に高かったのですが、惜しいことをしました。

内部も宮殿のような豪華絢爛さだそうです。

カジノ内部は見学できなかったけれど、岩山を背景にしたクリスマスデコレーションの広場も、普段なかなか見ることのできない景色だなと思いました。

カジノ・ド・モンテカルロに隣接するカフェ・ド・パリの建物も、モナコを代表するカフェにふさわしい、とても立派な建物でした。

モナコハーバーの絶景

もう1つの絶景ポイントは、カジノ・ド・モンテカルロ近くの海岸沿いの遊歩道にありました。

カンヌ、ニース、モナコを経てイタリアに続く地中海岸「コート・ダジュール」(紺碧海岸)の朝日です。

ここから見るモナコハーバーが、とても美しい。

高級クルーザーが並んでいて、いかにもセレブやお金持ちがたくさんいそうな港の風景です。

びっしり建ち並ぶ高層ビルも、色彩が全体的に統一されているためか、香港のようにごちゃごちゃした印象がなく(香港もエネルギッシュで好きですが)、すっきり美しく見えました。

お金持ちの天国

モナコの大きな特徴が「タックスヘイブン」、つまり所得税がかかりません。

相続税も日本に比べるとかなり安いのだとか。

タックスヘイブンの国々はモナコの他にもありますが、住みやすさから考えると、モナコは移住先として最適だと思われます。

気候もいいし、自然災害もなさそうだし、風光明媚で食べ物もおいしそう。

また富裕層が多いためか治安もよく、警察の巡回も多いようです。

そのため多くの富裕層が、この国に移住してきます。

モンテカルロ地区を歩いていてもごみが落ちている(南ヨーロッパではありがち)こともなく、美しい建物が並ぶ高級住宅街という印象を受けました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です