ノボテル・アヴィニョン・サントル宿泊体験記

スポンサーリンク

アヴィニョン・サントル駅は城壁の目の前

アルルからアヴィニョンへは、在来線(TER)を利用しました。

約20分でアヴィニョン・サントル駅に到着です。

駅を一歩出ると、すぐ目の前に城壁が迫っているのでびっくり。

アヴィニョン旧市街は、全長4.3kmの城壁に囲まれた町でした。

こんな城壁に囲まれた町は日本にないため(強いて言うなら、秀吉時代の京都でしょうか)、珍しくていつまでも見ていたくなります。

隣のホテルは廃業?

残念ながら、私達のホテルは城壁の中ではなく、城壁の手前のこの道路沿いです。

地図によると、駅の西隣がテムズ・リゾートホテル・アンド・アパートメンツ・サービスというホテルで、私達の今夜の宿、ノボテル・アヴィニョン・サントルはその西隣です。

でも、何だか雰囲気がおかしい。

ホテルが2軒もあるのに、全然人影も、灯りも見えないのです。

よく見ると、駅の隣のホテルは廃業しているようでした。

『地球の歩き方 南仏プロヴァンス編』にも紹介されていたアパートメントホテルで、建物もかなり大きいのですが、真っ暗で静まり返っているので、どうも雰囲気が良くない。

びくびくしながら歩きつづけ、ようやくノボテルの灯りが見えた時には、ほっとしました。

ノボテル・アヴィニョン・サントンの室内

トリプルとシングルの部屋を予約しました。

写真はトリプルの部屋です。

ここも特に不満はなく、室内も清潔だったし、快適に過ごすことができました。

やはり駅から近いというのは、とても便利でありがたい。

日本から予約して、トリプルは11,338円、シングルは11,190円です。

ただ、朝食はつかないプランだったので、朝食はアヴィニョン・サントル駅まで食べに行きました。

アヴィニョン・サントル駅での朝食

夜明け前のアヴィニョン・サントル駅です。

まだ人通りは少ないですが、さすが駅構内。

ちゃんとパン屋さんが営業しています。

しかも品数が多くておいしそう!

王冠のついているお菓子(下の写真の一番右奥)はガレット・デ・ロワという、公現節(東方三博士の礼拝など、異邦人の前にキリストが現れた日とされる)の1月6日に食べられるお菓子です。

クリスマスが終わったと思ったら(この日は2016年12月27日)、もう次の祝日の準備をしているとは、どこの国でも一緒ですね。

もっとも、12月25日から1月6日までの12日間を降誕節として、イエスの誕生を祝っているようなので、このお菓子も早めに売られているのかもしれません。

これが今朝の朝食でした。

これだけ食べて全部で10.4ユーロというのは、かなり満足です。

やはりフランスは、パンがおいしいなと思いました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です