網野メロン狩りと丹後王国食のみやこ 読売旅行バスツアー体験記

スポンサーリンク



本日2017年7月2日(日)、読売旅行バスツアー「網野あま~いメロン狩りと丹後のおもてなし」に参加しました。

その一部始終を紹介することにしましょう。

最初の休憩地点 道の駅京丹波 味夢の里

各集合場所から参加者をピックアップしつつ、名神高速道路から京都縦貫自動車道へ。

交通量が少ないので、バスはかなりのスピードで走ります(シートベルトはしましょう!)

最初のトイレ休憩は、道の駅京丹波 味夢の里(船井郡京丹波町)でした。

京都縦貫自動車道開通と同じ年(2015年)にオープンした新しい施設で、新鮮野菜、特産品、お土産物などが充実しています。

面白いことに、各地の道の駅やサービスエリアでよく売られているご当地コロッケが、ここにはありませんでした。

丹後ちりめん歴史館

最初に訪れたのが、丹後ちりめん歴史館(与謝郡与謝野町)。

京都府の製糸産業というと、創業地である何鹿(いかるが)郡(現在の京都府綾部市)の地場産業である製糸業を、郡を挙げて推進・振興していこうという郡是(ぐんぜ)製絲株式会社(現 グンゼ株式会社)が有名ですが、この会社を中心として、大規模絹織物会社も設立されました。

その1つ、1935年(昭和35年)に建てられた大啓産業の絹織物工場が、丹後ちりめん歴史館に生まれ変わっています。

のこぎり型の屋根を付け、採光に配慮した工場だったようです(後で調べて分かったので、見学の時には屋根まで注意していませんでした)。

丹後ちりめんの歴史を紹介するパネル、DVD、実物の機械などがあり、織機の前でもスタッフの方が説明してくださいました。

「弁当忘れても傘忘れるな」というくらい雨の多い丹後地方ですが、この雨がよく降る、湿気の多い気候が絹織物業には必要だったのです。

絹の糸は細くて、髪の毛1/4本くらいしかなく、乾燥していると糸が切れて機が織れないのだとか。

美智子様が皇太子様と結婚されたとき、披露宴で着用された着物の生地は、この工場で生産されたもので、同じ着物が欲しい!と全国から注文が殺到したそうです。

丹後ちりめんの技術や歴史の紹介のほか、日本最大級のシルクショップもあります。

私達もここで、訳ありスカーフ(1,650円)やボディタオルといった絹製品や、「京都丹後お米スィーツ」というお菓子を購入しました。

丹後王国食のみやこ 地ビール&ソーセージ試食とバラ寿司御膳

続いて訪れたのは、西日本最大級の道の駅、丹後王国食のみやこ

甲子園球場約8個分の広さがあるそうです。

ここも京都縦貫自動車道の開通に合わせてオープンした、新しい観光地のようでした。

到着後まず、地ビールの試飲とソーセージの試食。

いずれもこの道の駅お勧めの土産物のようでした(ごちそうさまでした)。

地ビールはもう少しコクがあったほうがいい、というのは夫の感想です。

その後「愛菜館」で、重いけれど新鮮野菜を購入。

九条ネギなど京野菜の他、近所では見かけない、お洒落な西洋野菜もたくさんあって、野菜好きの方にはお勧めのスポットかもしれません。

野菜を購入していたら、ほかの人たちはもうさっさと食事会場に向かっていて、慌てて後を追います(点呼なし)。

食事会場は、広い会場の中にある「七姫殿」という建物でした。

内部は天井が広くて広々しており、テーブルもガラスと天然木のとても立派なものでした。

これがバラ寿司御膳です。

「七姫殿」というのは、丹後にゆかりのある七人の女性(小野小町・静御前・間人皇后・安寿姫・細川ガラシャ・羽衣天女・乙姫)のことらしいですが、よく七人見つけてきたなと思いました。

詳しくは「丹後に伝わる七姫伝説」サイトをご覧ください。

園内は広々していて、ファミリー向けの「おもしろ自転車」やアスレチックの他、西日本最大規模のイルミネーションもあり、ホテルも併設されていました。

でも日曜日だけれどそんなに人は多くなくて、果たして営業はうまくいっているのかなと気になります。

リピーターがどれだけ来てくれるかが、カギでしょうか。

バスに戻ると、ここのベーカリーで作られたパンが1個ずつお土産として配られました。

丹後網野メロン農園 ふぁ~むTUBOKURAでのメロン狩り

メロン狩りは初めてなので、とても期待していました。

この農園のメロンはすべてハウス栽培で、1本に1つの果実しか育てず、メロン自体も横に這わせるのではなく、縦に育てる「立体栽培」で栽培されています。

農園の方の説明によると、はさみを使わなくても、太い茎と、メロンが生っている細い茎は、簡単に手でちぎれるそうです。

まずはビニールハウスの前で試食。

想像していたよりも1切れが大きくて、とても甘くて大満足!

さぁがんばってメロンを取るよ!とビニールハウスに行ってみると、何やら腕がチクチクします。

なんと、メロンの茎には、細かいとげがたくさんあるのです。

手のひらや指、腕に容赦なく刺さってきます。

かぶれる人もいるかもしれないし、こんなとげのある茎を手でちぎるなんて、素人にはちょっとハードルが高いです。

何とか頑張ってゲットしました(メロンは1人1個のみ)が、せめて「長袖着用が望ましい」とか「軍手もしくは、はさみ持参」など一言書いてくれたほうが親切ではないかな?

とはいうものの、この農園で売られているメロンジェラート300円、メロン(大)2,000円、メロン(中)1,500円、訳あり(やや傷物)メロン1,000円は、なかなか良心的な価格とのことでした。

まぁいろいろ書きましたが、全体的には満足度の高いツアーでした。

他のバスツアーと違って、5時過ぎに集合場所に帰れたのもとても良かったです。

1週間ほどしたら、このメロンが食べごろになるようで、とても楽しみです。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です