HIS浜坂・出石日帰りバスツアー体験記その1 若い人に大人気の秘密とは?

スポンサーリンク



休日に人気ツアーが開催される!

昨日、HISの大阪梅田発バスツアー(兵庫県北部=但馬方面)に行ってきました。

ツアーの名称は「おはようコールABCで紹介されました!いくら、うに、かに身&神戸牛焼肉がのっけ放題食べ放題!グラスボートで海底遊覧・情緒あふれる城下町出石を散策」

5月24日(水)の「おはようコールABC」の「おきトク」コーナーで紹介されたことで、とても人気なのだとか。

私の休みの日に、その人気ツアーが開催されていると聞いたのが、先週4日(火)。

満席で募集打ち切りになっているのではと心配でしたが、その日の夜にネットで無事に申し込むことが出来ました。

HISのバスツアーは、前日までネットで注文することが出来るそうで、これは他社ではなかなかみられない、ありがたい特徴です。

私達は平日出発だったので、料金は1人6,980円。

土日やお盆などはもう少し高くなると思うのですが、最高でも8,980円というのは、かなりお得感があるなと思いました。

若い人が多いHIS日帰りバスツアー

天気が心配だったのですが、曇りのち晴れで、とてもラッキーでした。

このツアーの集合時間は7:15、出発時間は7:30(ちなみに梅田解散予定は20:00)というハードスケジュール。

盛りだくさんのツアーなのでこのスケジュールになるのでしょうが、普段の出勤日よりも家を早く出る羽目になりました。

月曜日なのでツアー参加者は少ないかなと思っていたら、人気ツアーのためかとてもたくさんの参加者で、バスは2台出ました。

しかも半分以上の参加者が若い人達で、若い男性もちらほら。

そういえば以前参加したHISのバスツアーも、若い人達が多かったような気が。

調べてみると、HISは日帰りバスツアーに参入してまだ新しい(3年目)ですが、若い人の参加率が意外に多いことに気付き、「安・近・短」で楽しめる新しいイベントとして若い人達をターゲットにし、見事に成功しているとのことでした。

参考 新しい暇つぶし!?バスツアーが若者にウケてる理由(ニュースウォーカー)

今回のツアーでも、「食べ放題!」というのは若い人向けだし(シニアはそんなに食べられません)、コスパは最強だし、前日まで予約できる(しかもクレジット決済可能)というのは利便性も良くて、仕事で忙しい人も気軽に申し込みやすいです。

7:15集合で20:00解散というのも、若い人なら全然余裕なのでしょう。

先週申し込んだ読売旅行バスツアーの場合は、3日前(日曜祝日を除く)までに申し込む必要がありますが、郵送で丁寧なスケジュール表が送られ、バスも梅田限定ではなく各地から出発してくれます。

参加者はほとんどが年配の方で、食事も食べ放題ではありませんが、スケジュールはもう少し余裕がありました。

網野メロン狩りと丹後王国食のみやこ 読売旅行バスツアー体験記

2017.07.02

色々比較してみると、各社の特徴が出て、面白いですね。

オプショナルツアーと車内販売

このツアーでは出石で自由に2時間散策できますが、「出石には何度も行った!」という人向けに、出石そばのそば打ち体験オプショナルツアー(別途1,500円)が用意されており、それに申し込むかどうかを、行きの車中で決める必要がありました。

そのため出発後まもなく、出石のパンフレット類が配られ、2時間の自由散策をどのように過ごすかグループで相談します。

車中でこれからの計画を立てるのも、また楽しいものですね。

車内販売もあり、行きのバス車中はどうしてもテンションが高くなるため、ついつい財布のひもも緩みがちで、「あし・きす・小鯛 浜焼三撰」1箱と(1,000円)「とち餅あわせ」(700円)を2箱注文。

他にも、かれいやハタハタの一夜干しがありました。

休憩時のお楽しみ

中国自動車道赤松パーキングエリア(下り車線)(神戸市)が、最初のトイレ休憩でした(8:25出発)。

ここでは絶対、私達は「赤松コロッケ」を買うと決めています。

1個150円というお手頃な価格ですが、スパイスが効いていてとても美味しいです。

次の休憩地点が、兵庫県朝来(あさご)市和田山の「海鮮せんべい但馬」という店(9:45出発)。

この店も、よくバスツアーで利用されるので、ご存じの方も多いかも知れません。

ここのありがたい点は、コーヒーが無料でサービスされること。

海鮮せんべいの工場を、ガラス越しに見学することもできます。

ここは竹田城の近くで、途中の車窓からも山上の石垣をちらっと見ることが出来ました(わかるかな?)。

そのためこの店では竹田城ブームにあやかって、「竹田城せんべい」という大きな容器に入ったせんべいを販売していました。

「こんな大きなおせんべい、一体誰が買うんだろう? 持ち運ぶのが大変なのに」と思っていたら、夫が「たくさん入っていて安いから買ったら?」と勧めてきて、あきれながらも購入しました(1つ980円)。

ちなみに、実際の大きさはこんな感じです。

一体何日で食べきれるのか、ある意味楽しみになりました。

いつもトイレに行って、コーヒー飲んで買い物してすぐバスに乗るのですが、今回新たに、敷地の奥に「野菜コーナー 旬菜市場但馬」という建物があるのを発見して、ちょっと嬉しかったです。

旅って目的地に行く途中でも、とても楽しいものですね。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です