スリランカ紀行 憧れのアーユルヴェーダ初体験

スポンサーリンク



この日は朝早くホテルを出たため、ポロンナルワ観光を終えてもまだかなり時間に余裕があり、ランジェナさんに勧められて、以前から興味のあったアーユルヴェーダ体験をしてみました。

ATHREYA AYURVEDA HOTEL&SPAでのアーユルヴェーダ体験

ランジェナさんが案内してくれたのが、ATHREYA AYURVEDA HOTEL&SPA

緑あふれる敷地にある、素朴な小屋のような建物が、最初に案内された受付兼診察室でした。

公式サイトが見当たらなかったので、リンクはフェイスブックのアドレスです。

トリップアドバイザーの口コミサイトも併せてごらんください。

宿泊価格は、トリップアドバイザーには提供していません。

ツアーに組み込まれることが多いようで、私達が訪れた時も、ムスリムの団体観光客がいました。

ハバラナにあり、私達のホテルからも割合近かったので驚きました。

アーユルヴェーダとは

インドで生まれた伝統的医学で、心、体、行動や環境なども含めた全体のバランスを重視し、漢方と同様、病気を治療するというより、病気を予防し、病気になりにくい心身を作ることを重視しています。

人間は誰でも、3つのエネルギー要素(ドーシャ)が体内に存在しますが、ほとんどの人は、そのうちのいずれかの要素が強くなるそうです(体質のようなもの)。

そしてドーシャの増大が病気を引き起こすため、それを予防したり、治療したりするのが基本です。

治療にはすべて自然界で採ったものが使用されます。

治療法としては、食事、薬物処方、ヨガや瞑想の他、過剰なドーシャや未消化物(毒素)を排出するためのオイルマッサージがよく知られていますが、浣腸や催吐、瀉血(しゃけつ)など、ちょっとハードルの高そうなものもあるそうです。

スリランカとアーユルヴェーダ

スリランカには、紀元前3世紀に仏教が伝わった際に、アーユルヴェーダも伝来したと言われます。

現在でも、人々の生活の中にしっかり溶け込んでおり、国立大学での教育や、現代医学との共存も目指されているそうです。

スリランカでは、シンハラ人とタミル人とが戦ったスリランカ内戦(1956~2009年)が終わってからも観光産業が振るわず、外貨獲得のため、ホテルでアーユルヴェーダを行う外国人向けの医療ツーリズムが取り入れられました。

そのため観光客は、年々増加しているそうです。

国を挙げて、アーユルヴェーダを応援しているんですね。

気になるお値段

私達はアーユルヴェーダに縁がなく、値段の相場が全然わかりません。

ランジェナさんが勧めてくれたのが、2時間で9,000ルピーのコースでした。

全身マッサージ60分、額に油を少しずつ垂らすシロダーラが30分、ハーバルスチームバスが20分、そしてシャワーが10分という内訳です。

2015年の料金表がネットで公開されていますが、現在は値上がりしています。

カードで支払ったところ、3人分の料金は8月9日のレート(1ルピー=0.7381円)で、19,926円でした。

帰国後調べたら、大阪で2時間のオイル全身マッサージを頼むと、1人15,000円くらい。

スリランカの相場がわからないけれど、日本に比べれば断然安かったのです。

まずはドクターの診察から

彼がアーユルヴェーダのドクターで、ちゃんと資格を持ってますよ、とランジェナさんが、壁に飾られている免許書のようなものを示しました。

肉体的特賞などを観察し、脈診も行います。

脈診は、右手の人差し指、中指、薬指を使って行われ、患者が男性の場合は右手、女性の場合は左手の脈を診るようです。

問診はありませんでした。

この結果、私と夫はヴァータ・ピッタ体質、娘はピッタ体質という診断。

この後、マッサージの時触られたくない場所はあるかと尋ねてくれました(親切です)。

全身オイルマッサージ

この後は、男女分かれて別の建物に案内され、全身オイルマッサージを受けました。

自然界から採った何種類ものオイルの中から、各自の体質に合うオイルを使います。

オイルマッサージは初めてですが、痛いこともなく、なかなか気持ちいいものでした。

術者の方が英語で指示をし、わからないときは娘が教えてくれました(感謝)。

あちこちのコリがほぐされていくようで、関空出発からの疲れがとれたかも。

シロダーラ

続いて底に穴が開いた鍋のようなものが額の上にセットされ、額にオイルが少しずつ垂らされます。

眼に入ると良くないからなのか、タオルで目隠しされたので、どんな状態なのかはよくわかりませんでした。

頭、首、目、喉、神経に関係した病気(ストレス、慢性頭痛、偏頭痛、麻痺、心の病気など)に効果があると言われています。

くすぐったいのかなと心配でしたが、特にそんなこともなく、周囲の物音を聞きながら、心静かに過ごした30分間でした。

ハーバルスチームバス

続いて別の建物に案内され、サウナルームに入りました(ここで夫とも合流)。

スチームバスも初体験でしたが、床一面にハーブの枝や葉が敷き詰められていて、いい香りでした。

恐ろしいくらい、汗が出ましたが、悪い毒素がどんどん排出されているのかな。

20分汗を流した後、シャワーを浴びて、とてもすっきりしました。

庭でいただくハーブティー

最後にハーブティーのサービスがあり、水もいただきました。

すっきりした後のハーブティーは、とてもおいしい!

私達が受けた施術はリラクゼーションや健康増進が目的ですが、中には1週間や10日間ほど滞在し、本格的な治療を受ける方もおられるようです。

とてもいい経験ができました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です