台風前夜の鎌倉で鎌倉フレンチ L’EGLISE鎌倉でちょっと贅沢ランチタイム

スポンサーリンク



江の島から鎌倉へ

藤沢市の江の島慣行を終えた私達。

そろそろランチの時間ですが、江の島名物のしらす丼にしようか、鎌倉で探そうか悩んだ挙句、鎌倉でランチをいただくことにし、江ノ電に乗って鎌倉を目指します。

車窓からは、こんな天気なのにサーフィンをしている人たちの姿。

こんなにたくさんサーファーがいる海を、初めて見ました。

稲村ケ崎や七里ガ浜、そして『スラムダンク』の聖地だと教えてもらった鎌倉高校前駅など、江ノ電の沿線に感動しているうちに鎌倉到着。

小町通の鳥居

雨と湿気がすごくて、カメラのレンズが予期せぬソフトフォーカス効果を出してしまいました。

この鳥居は鶴岡八幡宮の鳥居ではなく、神社の許可を得て、商店街の方々が建てたものだということでした。

L’EGLISE鎌倉で鎌倉フレンチ

さて、関西人の私達が今回の旅行で頼りにしたのが、「るるぶ情報版 るるぶ鎌倉’18」(JTBパブリッシング)です。

鎌倉にはおしゃれなお店がたくさんあるようですが、私達が今回選んだのが、L’EGLISE鎌倉(レグリーズかまくら)というフレンチのお店。

鎌倉駅東口から徒歩5分ほどで、鎌倉駅と鶴岡八幡宮の中間くらいにあります。

その日の朝にとれた鎌倉野菜や相模湾の鮮魚、湘南豚といった地元食材を使った「鎌倉フレンチ」が味わえる一軒屋レストランというのが、なかなか魅力的でした。

とてもきれいな店で、店内には「お祝い事で集まっている親戚一同」といった感じのグループも。

私達が今回注文したのは、“IRODORI”(イロドリ)という1人3,500円(消費税込みで3,780円)のコース。

加えて長野の白ワインを、ボトルで注文しました(消費税込みで3,500円)。

最初に出された「アミューズ」(無料で提供される「お店からのおもてなし」で、日本の「突出し」にあたります)は、「梨、柿、シャンピニオン、地魚 旬の食材を一皿に」。

やはりフレンチは、見た目がとても美しいです。

続いて前菜の「牛蒡(ごぼう)と豚足のテリーヌ グリビッシュソース 小さな鎌倉野菜サラダ」。

グリビッシュソースは、マヨネーズ状の冷たい卵のソースです。

続いて秋の鎌倉野菜のポタージュスープ。

「レギュームプレート」として「旬の地野菜盛り合わせ 彩りレギュームプレート」。

「レギューム」とはフランス語で「野菜」のことらしいです(知らなかった)。

メイン料理は2種類から選べます。

私が選んだのは、「仔牛のピカタ 秋の茸いろいろ 仔牛ダシのソースと秋の根菜」という料理。

一方夫は、「近海産 鮮魚のベーコン巻きムニエル 酢橘のソース」。

さらにデザートは、自家製ケーキから2品チョイス。

どれもきれいでおいしそうで、目移りしてしまいます。

悩んだ挙句選んだのが、この2品。

美味しい料理とスタッフの気の利いたサービス、そして美しい店内で、いつもと違う非日常の時間を味わうことができました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です