クラブツーリズムで行く明延鉱山・神子畑選鉱遺跡と猿尾滝1

スポンサーリンク



7月16日(月)、クラブツーリズムで大阪梅田発の日帰りツアーに行ってきました。

ツアー名は

明延から神子畑を繋いだ「一円電車」に乗車 往時の姿で歴史を伝える・・・「明延鉱山」「神子畑選鉱場跡」と名滝「天滝」

私たちはJR大阪(西梅田バス暫定駐車場)に8:00集合・出発です(天王寺なら7:20)。

近鉄バスの河合運転手、ちょっと阪神タイガースの岩田投手似(?)と自己紹介してくれた木下添乗員と、42名の参加者でいざ出発!

今回も、バス前プラン(500円追加)を申し込んだので、前から3番目。

やっぱり見晴らしがいいです。

ツアーの注意点

・HPにも紹介されていますが、7月10日、クラブツーリズムから手紙が来ました。

先日の西日本豪雨災害で、兵庫県養父(やぶ)市にある天滝が、登山道の崩壊などの被害で入山禁止となってしまい、代替観光地として、兵庫県香美町の猿尾滝に案内しますというものでした。

HPによると、現在も復旧のめどはたっていないのだとか。

・実はそれよりも、もっと重要な注意点があるのです(これもHPに記載あり)。

明延鉱山の入り口がとても寒い! 私達が行った時は13度! そんな場所に、1時間近くいます。

ぜひ、長袖を持参されることをお勧めします。本当に寒いです。

西紀SAで最初の休憩

9:00に中国自動車道の西紀(にしき)SAに到着し、20分休憩。

猿尾滝には自動販売機が少ないため、ここで必ず、飲み物を買うように言われました。

私たちはお茶をたくさん持っていたため、添乗員さん一押しの黒豆パン(1つ180円)、そして三田屋コロッケ(1つ200円)を購入。

黒豆パンは、作業工程も見ることができました。

個人的には赤松コロッケの方がいいのですが、赤松SAに停車してくれないから仕方がないですね。

ちなみに、帰りのトイレ休憩で、赤松SAに停まってくれました。

念願の赤松コロッケです!

猿尾滝でよかった?!

元々私たちが行くはずだった養父市の天滝は、渓谷入口の駐車場から、渓流沿いの登山道を約1.2km(片道約45分)登るのだそうです。

片道45分だと、滝で見学したり写真を撮ることも考えれば、2時間は確保しなければなりません。

ところが猿尾滝の場合、駐車場から5分も歩かないうちに、もう滝が見えるのです。

もちろん近くまで行くなら、もう少し歩かないとだめなのですが、10:30~11:00の見学時間で余裕でした。

この滝は、猿の尾に似ているから「猿尾滝」ですが、そもそも猿の尾がどんな感じなのか、じっくり見比べていないから、似てるかどうかよくわからない。

滝は上段と下段に分かれていますが、上段の滝つぼ近くに、石の仏様らしきものが見えました。

中国語の大きな看板が駐車場にあったので、外国人観光客も、バスで訪れているのかもしれません。

お弁当は車内で

このツアーには、お茶とお弁当がついていますが、バスの車内で食べました。

滝を出て、バスに戻ってくると、座席にお弁当とお茶が置かれています。

中身はとても豪華でおいしかったです。

明延(あけのべ)自然学校で入坑準備

車内でお弁当を食べた後、11:50頃、養父市にある明延自然学校に到着。

明延小学校が閉校した後、その校舎を生かして自然学校の本館施設となっています。

ここでトイレを借りることができました。

トイレはきれいだし、スタッフの方々もとても親切で、大感激。

この辺りにはこんな猪もいるのかな?

これから訪れる明延鉱山で採れた鉱物の展示や、1円電車についての新聞記事も紹介され、ますます期待が膨らみます。

バスに乗り込む際にヘルメットが全員に配られ、いよいよ鉱山入り口に向けて出発!

どんな冒険が待っているのでしょうか。それは次回のお楽しみに。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です