イルクーツク国際空港体験記 国際空港とは思えない小ささ!

スポンサーリンク

2018年8月8日~14日に、シベリア方面を旅行しました。

関空からは直行便がないため、ソウル経由でイルクーツクやウラジオストクへの便がある大韓航空を利用しました。

シベリアへは大韓航空で!関空発ソウル経由イルクーツク搭乗記

2018.08.18

ロシアで最も離発着が難しい国際空港

ウィキペディア』によると、イルクーツク国際空港は住宅街の中にあり、滑走路も短くて、ロシアで一番離発着の困難な空港なのだとか。

着陸した大韓航空機が、なかなか減速せずに滑走路をUターンしていたように感じたのは、この空港の構造に理由があったのでした。

ともあれ無事に着陸してくれて何よりです。到着時刻は現地時間の21:15です(日本より1時間遅れ)。

これが国際空港?!

イルクーツクは「シベリアのパリ」とも呼ばれる美しい街。人口も約62万人います。

さぞ空港も立派だろうと思っていました。

ところがバスでターミナルに到着してびっくり! とても質素というか古いというか暗いというか(節電してる?)

まず入国審査ですが、このブースがとても古い。

トイレも少なくて、男女それぞれ個室が1つしかありません。

バゲージクレーム(預入荷物の受け取り場所)も、レーンが1つしかなくて、ちょっと殺風景。

また手荷物が出てくるのが遅い!

待つことしばし、大きなブザーの音とともに、ベルトコンベアが動き始めました。

と同時に、どこから出てきたのか、とてもかわいい茶色のテリヤっぽい犬が駆けてきて、ベルトコンベアの上に乗りました。

 

この犬は麻薬探知犬でしたが、こんなかわいい探知犬はあまり見たことがありません。

でもこの犬は、いつの間にか姿を消してしまいました。後半に出てくる荷物(私たちのスーツケースも含まれる)は、大丈夫と判断されたのかな?

空港ロビーの様子

スーツケースを受け取って、ロビーに出ると、ここも国際空港とは思えない規模の小ささでした。

 

ロビーで最初にやる仕事は、ATM探し。

フォートラベルのサイトに紹介されていたように、ATMは2台見つけて当座のルーブルを引き出せました。これは後で、ホテルの部屋で撮影したルーブル紙幣です。

時刻はもう夜の10時を過ぎており、市内へ向かうバスもなく、声をかけてきたタクシーの運転手さん(白タク?)と娘が交渉してくれて、無事にホテルへ。

ホテルは、イビスイルクーツクセンター。代金は4人分のスーツケースもすべて1台に収めてくれて500ルーブルでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です