ウラジオストックの食べ歩き1 ペリメニ専門店のローシキプローシキ

スポンサーリンク



2018年8月13日(月)、シベリア鉄道オケアン号で、ハバロフスクからウラジオストックへ到着しました。

ウラジオストックの見どころ3 鷲の巣展望台

2018.11.16

ウラジオストックの見どころ2 潜水艦C-56博物館

2018.11.15

ウラジオストックの見どころ1 ウラジオストック駅

2018.10.21

シベリア鉄道で到着したのは、豪雨のウラジオストック

2018.10.20

徒歩での観光が続くと、かなり疲れてくるし、おなかも空いてきます。

そこで、シベリア旅行前にYouTubeで紹介されていた、ペリメニ専門店のローシキプローシキへ行ってみました。

『地球の歩き方』には載っていない有名店

鷲の巣展望台の山麓駅から、ローシキプローシキまでは、徒歩で30分近くかかるとのこと。

ちょっとくじけそうになりましたが、バスにも乗らず、ひたすら黙々と歩きます。

幸い大きな道沿いにあったので、道に迷うことなく到着。お店は地下にありました。

店内はとても広くて、農家のキッチンをイメージしたような、とても可愛く明るい雰囲気。

YouTubeで紹介されるのも納得!

ちなみに、今の時刻は14:30頃。遅い昼食をこれからいただきます。

メニュー全品に日本語対応!

お店のメニューです。なかなか品数が多そうです。おなかが空いたし、疲れているので、いっぱい食べられそう!

ありがたいことに、メニューが日本語対応でした。

ペリメニ専門店ということですが、ディナーメニューもあります。ちょっと日本語が変な個所もあるけど、気にしない!

写真もあるので、メニューのイメージがつかみやすいです。

ロシアならではの飲み物 モルス

注文したのはビール小ジョッキ(130ルーブル)。

「モルス」という、ロシア独特のソフトドリンクもありました。ベリージュースだそうです。

黄色い「シーバックソーン」は、最近健康食品として注目されているグミ科の植物。日本では自生しません。

ビタミンCが豊富で、ビタミンAやビタミンEのほか、油脂も含む珍しい果物だそうです。

伝統的なベリーのジュース。こちらも甘酸っぱくてビタミン豊富なのだとか。2種類とも、80ルーブルでした。

ペリメニも食器もかわいい!

さて、お待ちかねのペリメニです。

「おばあちゃんのペリメニ」(290ルーブル)は、仔牛肉とニンニクがよく効いていて、サワークリームをつけて食べるととてもおいしい!

ニンニク好きの私とは相性が良かったようで、他のメンバーにも好評のため、おかわりをしてしまいました。

「シベリア風ペリメニ」(220ルーブル)は、合いびき肉が入っています。これもおいしい。

食感もよくて、言うことなし。

ペリメニもおいしいのですが、食器がとても可愛いのも印象的でした。

ペリメニ以外のメニューもあります。これは、キャベツ・きのこ・ベーコン入りのパイで、120ルーブルです。

スイーツもペリメニ チョコレートペリメニに挑戦!

最後に、ちょっと冒険して、甘いペリメニに挑戦してみることにしました。

チョコレートとミントの味付けのペリメニです。

上に載っているのは、サワークリームではなく、アイスクリーム!

なかなか不思議な味でした。しかしよく、ペリメニ(要するに餃子)でスイーツを作ろうというアイディアが湧くものです(確か200ルーブル)。

アメリカンコーヒーを注文したら、100ルーブルしました。

イルクーツクでは、コーヒー1杯30ルーブルの店もあったのに、ハバロフスクでトイレを借りるため立ち寄ったコーヒーショップでは1杯50ルーブル、そしてウラジオストックのこの店では、100ルーブル!

バイカル湖岸鉄道周遊の旅1 雨のバイカル湖 バス&船&鉄道でバイカル湖を堪能

2018.10.01

日本人が簡易ビザで入国でき、「アジアに一番近いヨーロッパ」として観光に力を入れているウラジオストックは、やはり物価が高いのだなと実感。

それでもたくさん注文し、おかわりもしてたらふく食べて、お会計を頼んだら、4人全部で1,970ルーブル(約3,150円)でした。

やっぱり物価は安いし、料理はおいしい。今回の旅行で、「ハズレ」の料理が思い浮かびません。ありがたいです。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です