クラブツーリズムで行く!淡路島3年とらふぐ会席バスツアー1(三宮~淡路ハイウェイオアシス)

スポンサーリンク



3年とらふぐが食べたい!

2019年1月27日(日)、クラブツーリズムのバスツアーに参加しました。

『淡路育ちのブランド食材を地元寿司店で食す!淡路の味覚!淡路島3年とらふぐ会席』【三宮・新開地・新長田 出発】

2週間前に、同じクラブツーリズムの「ふぐミステリーツアー」に参加したのですが、どうせなら「3年とらふぐ」というものを食べてみたい!ということで、再度このツアーに申し込みました。

クラブツーリズムふく福ミステリー体験記4(ネタバレ注意) 秘密のパワースポットと、イタリアっぽい絶景 

2019.01.25

クラブツーリズムふく福ミステリー体験記3(ネタバレ注意) ふぐ食べ放題の後は千手観音様に祈りを 

2019.01.24

クラブツーリズムふく福ミステリー体験記2(ネタバレ注意) 謎の第1見学場所は? 

2019.01.24

クラブツーリズムふく福ミステリー体験記1(ネタバレ注意) 人数が増減するミステリー 

2019.01.23

ツアー代金1人11,000円、バス前席プラン1人500円でした。

神戸三宮 東遊園地

今回は、希望の日に大阪発のツアーがなく、初めて神戸三宮から参加しました。

8:25に、三宮東遊園地北側に集合。いつものツアーよりも、かなりゆっくりしています。

地下から階段を登ってすぐの場所が、集合場所。迷わなくてよかった。

東遊園地は久しぶりで、公園内の彫刻に興味津々。下のマリーナ像の南が、集合場所です。

たとえば、なぜここにモーツァルト像があるのでしょう?

モーツァルト没後200年の節目となる1991年に、全国有志の協力で設置されたものだそうです。

昔懐かしいヒット曲と同じ名前の銅像もありました。

淡路島ハイウェイオアシスへ

今日のツアーは、大阪バスの山本運転手、そして女性添乗員の加藤さんにお世話になりました。

8:40に新開地、8:57に新長田で参加者をピックアップし、一路淡路島を目指します。

この日は多くのツアーが淡路島の3年とらふぐを目当てに訪れているようで、混雑緩和のため、私たちのバスはまず淡路ハイウェイオアシスで(目的地に到着してないのに)お土産を購入することになりました。

その前に、毎度おなじみ車内オプション販売。

昼食会場・松葉寿司のあなご棒ずしや、ツアーの後半に訪れるかまぼこ店・鯛踊る館の水産練製品が、特別価格で提供されています。

検討した結果、たこかまぼこ1箱(600円)を注文しました。

玉ねぎスープの出る蛇口と、ちくわの自動販売機を探せ!

9:28頃に淡路ハイウェイオアシスに到着。

今から10:00まで、お買い物タイムです。

淡路島らしく、特産品の玉ねぎスープの試飲もありました。

行列ができていた玉ねぎスープの試飲。私たちが飲もうとしたら、ポットのスープはなくなってしまいました。またほかの場所で飲めるかな?

とらふぐフェアも開催されているようでした。

ちくわもたくさん売られていました。

それらを無視して、私たちは、テレビでも紹介されていた玉ねぎスープが出てくる蛇口と、ちくわの自動販売機を探して、走り回っていました。2階にも行ってみたけれど、眺めがよかっただけ。

やっとみつけた玉ねぎスープが出る蛇口。建物に向かって左端にありました。

玉ねぎスープは11:00~17:00の間、この蛇口から出るのです。今は時間外。残念!

反対側の、向かって右端には、竹ちくわの自販機がありました。

こちらは無事、購入に成功。1本200円でした。

帰りにここに立ち寄ることはなさそうなので、「おのころのしずく」というお菓子を購入(864円)。

淡路島産の藻塩(もしお=海藻から取る塩)を使用した、とてもかわいいかたちのお菓子でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です