ピーチで台北! 大好きな迪化街で観光・買い物そしてスイーツ

スポンサーリンク

2019年7月13~15日、3連休を利用して、ピーチで台北を訪れました。

7月14日の午前中に台北郊外の三峡と鶯歌を訪れた後、台北のホテルで休憩し、午後の観光開始です。

台北近くの知られざる観光地2 三峡老街から鶯歌陶瓷老街へ 

2019.11.16

台北近くの知られざる観光地1 「台湾一美しい廟」三峡祖師廟 

2019.11.14

午後に訪れたのは、迪化街(てきかがい)。私たちのお気に入りの場所です。

MRT北門駅から迪化街へ

私たちは、台北駅からMRTで北門駅へ向かいました。

短い距離なのですが、1回乗り換える必要があります。

後で知ったのですが、地下街を歩いて移動することもできるようでした。詳しくはこちらを。

これも知らなかったのですが、北門駅では、歴史的な写真が展示されていました。

言葉はよくわからないけれど、見ているだけで、何となく雰囲気は伝わりますね。

MRT北門駅からは、徒歩で迪化街へ。

3番出口を出て、高架下をくぐる横断歩道を渡ります。

標識もあって、とても分かりやすく、迷わず行くことができました。

永楽市場のレンガ造りの建物を見ると、「迪化街に来たな」と感じます。

台湾土産に欠かせないからすみ

2年前の2017年、初めて迪化街を訪れました。

台北で最も古い問屋街「迪化街(てきかがい)」周辺

2017.07.22

そこで初めてからすみを購入し、あまりのおいしさにびっくり!

今回も、迪化街に行くなら、絶対からすみを購入すると固く決めていました。

迪化街には、乾物、高級食材、お茶などの店が並んでいます。

もちろんからすみもありました。

でもどうせなら、通りすがりの店で購入するのではなく、評判のいい店で買いたいなと思って、ネットで調べて選んだのがこの店。

「永久號」という店です。

永楽市場の裏通りにあって、小さい店なのですが、日本語も通用するするいい店でした。

帰国して食べてみると、とても美味しかったです! 濃厚な味が病みつきになります。

霞海城隍廟

2年前は、迪化街のことを何も知らずに訪れたため、この寺院の前を素通りしてしまいました。

霞海城隍廟(シアハイチェンホアンミャオ)という道教寺院で、縁結びの神様「月下老人」のご利益があると評判のスポットです。

今回は、ちゃんと参拝しました。

これがご本尊の月下老人。どうか公私とも、いいご縁に恵まれますように。

お供え物の山?を見ていると、信仰心が伝わってきます。

杏仁スイーツでお腹いっぱい!

次に訪れたのは、ネットで評判の高かった杏仁スイーツの店、夏樹甜品

小さなお店だけれど、なかなかの評判で、行列ができる人気店なのがよくわかりました。

迪化街の北の方にあるお店ですが、永楽市場や霞海城隍廟からも、歩いて10分ほど。

順番待ちをし、小さなスペースに譲り合って、スイーツを頂きます。

タピオカミルクティーと、雪花冰(ミルクかき氷)を頂きました。

ふわふわのかき氷は杏仁ミルクを凍らせたものらしい。ほのかな甘さで美味しいです。

杏仁豆腐も入っていました! 1つのスイーツで2種類の杏仁スイーツが楽しめて大満足。

すっかりお腹もいっぱいになってお店を出ました。

迪化街北部を歩く

さて、私たちは迪化街にMRT北門駅から入ったのですが、夏樹甜品はMRT大橋頭駅の方が近そうなので、帰りはMRT大橋頭駅を目指しました。

この辺りの方が、レンガ造りの街並みがよく残っています。

前回この辺りは訪れなかったので、新たな発見です。

この一帯は第二次大戦で空襲を受けずに済んだため、昔の建物がよく残っているのだとか。

面白い店も見つけました。

これは枝豆売りかな?

農具の店のようです。なかなかこんな店に出会えません。

これは提灯屋さんかな?

夕暮れ迫るこの辺りは観光客もおらず、ノスタルジックな街並みは一段と風情がありました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です