台北近くの知られざる観光地2 三峡老街から鶯歌陶瓷老街へ 

スポンサーリンク



2019年7月13~15日、3連休を利用して、ピーチで台北を訪れました。

2日目の7月14日(日)は、バスであまり知られていない台北近くの観光地を巡っています。

最初の目的地は、三峡祖師廟という、素晴らしい芸術の殿堂。

台北近くの知られざる観光地1 「台湾一美しい廟」三峡祖師廟 

2019.11.14

次に訪れたのは、三峡老街です。

三峡老街

三峡は、かつて客家人が初期に台湾定住を始めた場所といわれています。

台北の南西部の山あいにあり、今でも日本統治時代に整備された古い街並みが残っています。

布や樟脳、木材やお茶などが高く売れたため、この街は繁栄していきました。

「老街(ラオジエ)」とは、昔ながらの古い街並みのこと。

ここは、100年前の面影を残す古い繁華街なのです。

レンガ造りのアーチがノスタルジック。

老街の入り口にある三峡派出所もレンガ造り。

アーチの中では、コマ回しに興じている人たちがいました。

台湾ではコマが学校の体育教育にも取り入れられ、大会で優勝すると、駅伝や甲子園で優勝するくらいの価値があるそうです。

アーチの内部の中には、土産物屋やカフェなども多く、私たちはここで梟の置物を買いました。

三峡老街のグルメ

三峡老街で有名なのが、なぜかクロワッサン。

厳密にいうと、台湾風クロワッサンと呼ばれている牛角パン(金牛角麺包)になります。

このお店も、クロワッサンで有名な店の1つ、「金三峡牛角」。

三峡祖師廟からも近く、何よりもマスコットが目立っていました。

私たちも、行列に並んでクロワッサンをいくつか購入。いろいろな種類があって、目移りしそう。

日本のクロワッサンと違って、バターが効いていて、なかなか美味しかったです。

台北のホテルに帰ってから、ゆっくり頂きました。

鶯歌陶瓷老街

三峡老街で買い物を楽しんだ後、バスで鶯歌という町を目指します。

お目当ては、鶯歌陶瓷老街(イングァ タオツー ラオジエ)つまり陶器の店が軒を連ねる昔ながらの町並み。

この街には、新北市立の陶器博物館もあるのですが、私たちは博物館前のさらに1つ次のバス停で降り、鶯歌陶瓷老街を目指しました。バスで大体15分くらいかな。

この高架下をくぐれば、鶯歌陶瓷老街まではもうすぐです。

やっと老街入り口(尖山埔路側)へ到着です。

焼きもの好きにはたまらない!

焼き物に興味がある夫には、この老街は魅力的な場所。

陶器の店が多く、見て回るだけでとても楽しい。きれいだなと思う器も、たくさんありました。

陶器に興味のない人でも、ノスタルジックな街並みは楽しめると思います。

私たちは、あれこれ店を覗いて回り、ピーチで移動するので荷物の重量が気になるのですが、お皿を2枚購入。帰国するまで、大事に私のリュックに入れておかねば!(割れ物注意)

街並みの中にも、「ここは陶芸の街だな」と感じされるものが、色々ありました。

鶯歌駅から台北駅へ

鶯歌駅は、陶瓷老街から徒歩で10分ほど。

レンガ造りの、なかなか立派な駅でした。

この駅は、台湾国鉄の駅。日本の駅と、どことなく似ていて懐かしい。

台北駅までは、約30分ほど。思ったより時間がかからず、いい旅ができました。

三峡でも鶯歌でもあまり日本人に出会わなかったけれど、とてもいい観光地なので、皆さんも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です