『麒麟がくる』ゆかりの地・安土3 安土城大手道から織田信長公本廟へ 帰蝶さまも登った安土城への石段

スポンサーリンク



前田利家と羽柴秀吉の邸宅が守る城への道

2010年3年、織田信長の史跡を訪ねて滋賀県の安土を訪れました。

『麒麟がくる』ゆかりの地・安土2 安土城址に行く前に、訪ねてみたい施設

2021.01.27

『麒麟がくる』ゆかりの地・安土1 JR安土駅から観音正寺 今はなき観音寺城主が斎藤道三の定説を覆す!

2021.01.26

観音正寺滋賀県立安土城考古博物館安土城天主 信長の館を訪れた後は、安土城跡まで歩きます。

あの山が安土山です。まずあの山の麓を目指しましょう。

やっと到着!立派な石碑がお出迎えです。

この辺りには、前田利家や羽柴秀吉の邸宅がありました。

羽柴秀吉の邸宅はなかなか立派。屋敷など建築物も多かったようですね。

下は前田利家邸。

向かいの羽柴秀吉邸と共に、これから進む安土城の大手道正面を守った邸です。この2人が特に、信長の信任厚かったのでしょうか?

解説にある枡形(ますがた)というのは四角い広場のことですが、城郭用語では虎口(こぐち)という「城の入り口」(前田利家邸の場合は邸宅への入り口)を守るための防御施設。

敵が侵入したら、この四角い枡形広場に閉じ込めて、四方八方から攻撃して殲滅してしまう恐ろしい場所でした。

上の写真がその虎口周辺です。

それにしても安土城跡では、ついに明智光秀邸を見かけることはありませんでした。

柴田勝家や丹羽長秀など、他にも邸宅が見つかっていない武将もいるから、「信長との間に溝があった」とは思いたくないのですが。

この山の中の、どこかに彼の邸宅跡は眠っているのでしょうか?

信長正室・帰蝶さまも疲れた?安土城の急な石段はこれだ!

ここから続く一直線の山道は、大手道と呼ばれていました。

道幅は6m。約180mも一直線の道が続きます。広い道だけれど、階段が急で歩きにくい。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、信長の正室・帰蝶さまが「ここの石段は急すぎる。私はもう疲れた」と嘆いた石段です。帰蝶さまはもしかして歩いてみたのかな?

岐阜城とどちらが急でしょうか?

『麒麟がくる』ゆかりの地・岐阜2 岐阜城で斎藤道三と織田信長を偲ぶ

2021.01.17

城への道なのに一直線! 常識を超えた安土城の大手道

小説『江(ごう)ー姫たちの戦国』(田渕久美子著)の冒頭にも、お市の方と浅井三姉妹が、確かこの安土城大手道の石段を登るシーンがあったように思います。

私は登っている時ずっと、「通勤する人のことを考えてほしい!」と思いながら歩きましたが、よく考えてみれば安土城勤務の人たちは、多分半数以上は住み込みと思われるので、毎日通勤する必要はなかったのでしょう。

この大手道は、賓客など「選ばれし者」のみが通ることを許されたとも言われています。

一直線の道なんて、城にはふさわしくありません。

姫路城はもっと曲がりくねっていて、進んでも進んでも、天守にはたどり着けないような感じがしていました。

安土城は「防御」という点は全く考慮する必要がない、という思考で設計されたのでしょうか。

誰からも攻められることなどない、という自信の現れかな? いかにも「天下人」信長の城という感じがします。

この過剰なまでの自信が、「本能寺の変」の遠因なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です