『逃げ上手の若君』ゆかりの地4 足利直義の墓 冷静沈着な尊氏の弟はあの肖像画のモデル?

スポンサーリンク



『週刊少年ジャンプ』に連載が始まった『逃げ上手の若君』の舞台の1つは、鎌倉です。鎌倉時代末期から南北朝時代を描く、異色の時代設定。

『逃げ上手の若君』ゆかりの地3 護良親王の墓 動乱の中に散った悲劇の親王

2021.03.13

『逃げ上手の若君』ゆかりの地2 北条氏滅亡の地・東勝寺跡と腹切りやぐら

2021.03.12

『逃げ上手の若君』ゆかりの地1 若君の父・北条高時の菩提を弔う宝戒寺

2021.03.11

『週刊少年ジャンプ』連載『逃げ上手の若君』 日本の歴史を変えた若君とは?

2021.03.09

先日、その鎌倉を訪れる機会がありました。

今注目の『観応の擾乱』! 足利直義とはどんな人物?

最近、応仁の乱と並んで関心が高まっているのが、「観応の擾乱」と呼ばれる事件。

最初はとても息が合っていた足利尊氏・直義(ただよし)兄弟の争いです。

『観応の擾乱』という新書(亀田俊和著)も出版され、

新書『応仁の乱』に続くヒットになっているのだとか。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で脚本を担当した池端俊作さんが、30年前に同じく脚本を手がけた『太平記』でも、とても印象的に描かれていました。

『逃げ上手の若君』の主人公・北条時行に鎌倉を奪還された直義を救援するため、足利尊氏が京都から鎌倉に向かうなど、漫画でもこの兄弟は若君の手強い敵として、きっと大活躍すると思います。どんな風に描かれていくのかな?

あの肖像画のモデルは足利直義?

来年度のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも登場する源頼朝(大泉洋さん)。

小学生の頃から、頼朝はずっとこの顔だと思っていました。意志が強くてとても賢そうで、肉親の情に流されない冷静さも持っている源頼朝のイメージにぴったり!

ついでに言うと、昔の大河ドラマ『草燃える』の石坂浩二さん演じる頼朝とも、なんとなく通じる雰囲気で、ちょっとイケメンぽくて、好きな肖像画の1つです。

でも近年、この肖像(正式には『(神護寺三像のうち)伝源頼朝像』)が足利直義であるとの説もあり、注目を集めています。

気分の浮き沈みが激しい兄の尊氏と違って、1歳年下の直義は沈着冷静。同母の兄弟で仲も良く、尊氏は軍事面、忠義は政務を担当していました。

若い頃の尊氏が一夜の過ち?で生ませた子を認知しなかった際には、その子を引き取って「直冬(ただふゆ)」と名付け養子にしました。いい人じゃないですか!

尊氏にさせるには忍びない汚れ仕事(護良親王殺害など)も、率先して引き受けたようです。

後に足利尊氏の執事・高師直(こうのもろなお)と対立したことから、観応の擾乱と呼ばれる戦乱状態が始まります。

源頼朝同様、征夷大将軍たるもの、武士たちをまとめるためには肉親よりも家臣を大事にしなければ!と尊氏は決意したのでしょうか。

これに南朝勢力も加わり、(多分そのつもりはなかっただろうけれど)混乱の世を生み出してしまった足利直義。

彼の死後は養子となった直冬が、実父の尊氏と戦い続けることとなります。

毒殺された?足利直義の墓

この興味深い人物・足利直義の墓に行きたいなと思っていました。

彼は尊氏軍に敗北し、1352年に鎌倉で武装解除されて浄妙寺に幽閉され、その後急死してしまうのです。

病気で亡くなったという記録もありますが、毒殺説もささやかれていました。

大河ドラマ『太平記』では、兄の尊氏による毒殺。でも涙無しでは見られない! やっぱり足利直義さんはいい人です。

彼が亡くなった場所である浄妙寺に、お墓はありました。

最初グーグルマップだけ見ていたら、浄妙寺の中にあるとはわからなくて、裏山の辺りをぐるぐる歩き回り、見つからなくて、危うく墓参りを断念しかけました。行く前によく調べておかなければいけませんね(反省)。

浄妙寺の中でも、彼の墓はわかりにくい場所にあったのです。受付で尋ねてみました。

するとなんと、境内の一番高い場所にあるというではありませんか!(怒)

護良親王と言い、足利直義と言い、どうして権力者のお墓は高い場所にあるんだろう?

『逃げ上手の若君』ゆかりの地3 護良親王の墓 動乱の中に散った悲劇の親王

2021.03.13

浄妙寺の境内の中で一番人気の

石窯ガーデンテラス。実はここが足利直義が幽閉されていた場所(延福寺)だったそう。

さらに少し登った場所のやぐらに、彼の墓はあったのですが、

あまり目立つとはいえないお墓です。

登ってすぐに見える立て札によると、ここかな?

少し枯れたような花束が供えられていましたが、これがなければきっと、他の人のお墓と区別がつかないでしょう。

石窯ガーデンテラスと対照的に、ひっそりたたずむ直義の墓所ですが、なんとなく彼にふさわしい場所ではないかなと思えました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です