ディープな京都寺社巡り2 白峯神宮はなぜスポーツ守護神になったか 

スポンサーリンク



白峯神宮はサッカーの聖地

前回は、京都白峯神宮の主祭神である2人の天皇について、紹介しました。

ディープな京都寺社巡り1 白峯神宮の主祭神は、スポーツとは縁遠い 

2021.03.26

そのとき、保元の乱で崇徳上皇側で戦った源為義・為朝父子にちなむ「伴緒社」が境内にあり、武道上達の守護神であると紹介しました。

しかしそれだけでは、現在の白峯神宮の人気は説明できません。

なんと、修学旅行で学生が行きたい神社のベスト10に入っているのだとか!

その理由はこれ。

サッカー上達の神として、全国のサッカーファンから熱い視線が向けられているのです。

その理由は、崇徳上皇や淳仁天皇でもなく、地主社(じしゅしゃ)にあったのです。

精大明神と平安のファンタジスタ

この白峯神宮がある場所には、元々飛鳥井家(公家)の邸宅がありました。

飛鳥井家の祖・藤原成通(院政を開始し、崇徳上皇の実父と噂された白河上皇の側近)は蹴鞠の名手であり、後の世にまで「蹴聖」とたたえられた人物。

彼は蹴鞠庭に立つこと7000日、うち2000日は連日蹴り続けたそうです(ちなみに上の写真は、白峯神宮にある蹴鞠庭)。鞠もとても丁寧に扱い、供物を捧げて祀ったりしました。

そんな彼に感謝するため、3人の鞠の精が姿を現しました。

彼らは幼児の姿ですが、手足は猿という奇怪な姿をしていました。蹴鞠が行われているときは自分たちも遊べるけれど、蹴鞠がないときは、柳の下でおとなしくしているのだそうです。

藤原成通のおかげで毎日遊べるとお礼を言いたい。そのために正体を現した鞠の精を、飛鳥井家では「精大明神」と名付け、代々祀っていました。

この土地の「先住者」だから、「地主社」として祀られているのです。

今ではサッカーはもちろん、あらゆるスポーツの聖地になっているようですね。

奉納のボールがすごいです!

地主社の説明板には、確かに童子の姿が描かれていますが、言い伝えとは異なり、とてもかわいく描かれています。

よく見ると「保元の乱」としっかり書かれていますね。崇徳天皇が、こんな所にも顔を出していそうです。

ディープな京都寺社巡り1 白峯神宮の主祭神は、スポーツとは縁遠い 

2021.03.26

ちなみに鞠の精は、「人々が蹴鞠を愛好する時代は国も栄え、よい人が政治をし、福がもたらされ、寿命も長く、病気もない。また、人の心はたえず思い乱れるものだが、蹴鞠の愛好者は庭に立てば毬のことだけ考えるので心が軽くなり、輪廻転生にもよい影響を及ぼす縁が生まれ、功徳も進む」と、蹴鞠の功徳を説いたそうです。

サッカーやスポーツにも当てはまるかな?

昭和30年に出現した龍神を祀る「潜龍社」

最後に紹介するのは、昭和30(1955)年の御火焚祭の際、火炎の中から出現した!という龍神を祀る潜龍社。

江ノ島の龍神のような怖い龍神ではなく、

『逃げ上手の若君』ゆかりの地6 若君の父・北条高時と江ノ島龍神伝説

2021.03.16

笑っている龍「笑い龍」が祀られているようです。かわいい!

「笑う門には福来たる」。先の見えない世の中ですが、この笑い龍のように、笑って生きていきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です