草津温泉・西の河原公園へ! 大地のパワーと自然の不思議・明治の偉人をを感じる場所

スポンサーリンク



2022年9月17日(土)、初めて群馬県の草津温泉に1泊することができました。

草津温泉のシンボル・湯畑 ライトアップは必見! 草津に来た有名人を探してみよう

2022年10月18日

草津温泉 湯畑近くの老舗温泉旅館・大阪屋宿泊体験記 デジタルデトックスで温泉を楽しむ

2022年10月17日

運行初日の東京・池袋発「Dts line 八ツ場・草津温泉号」体験記

2022年10月16日

不思議な光景が広がる西の河原公園

草津温泉の見どころといえば、湯畑(ゆばたけ)のほかに西(さい)の河原公園も有名です。

草津温泉の西側に位置するこの公園に向かう道は、「西の河原通り」という一大商店街になっていて、

土産物屋やレストラン、温泉旅館、娯楽施設などが立ち並び、歩いているだけでもとても楽しい場所でした。

草津ホテルに隣接する、草津片岡鶴太郎美術館を通り過ぎると

西の河原公園です。

その名の通り、河原のあちこちから温泉が湧きだしていて、硫黄のにおいや湯けむりが立ち込めていました。

時間があれば、露天風呂や足湯を体験するのもいいかもしれませんね。

道の脇の側溝に流れ込んでいる源泉もあったのですが

触ってみるとかなり高温でした。

このような大自然のパワーを目にすれば、神や仏の力を信じる気持ちも強まるでしょう。仏教が説く「賽の河原」(あの世で親より早死にした子供たちが責め苦を受ける場所)を連想するのも、もっともだなと思いました。

高温・酸性の温泉に生き物がいた!

草津温泉は、西の河原公園の源泉も含め、高温で酸性です。

殺菌作用もあるので、生物はとても棲息できない環境なのですが、イデユコゴメ(出湯小米)という原始的な藻類が好んで棲息していると知りました。

この青緑色も

この青緑色も、最初は鉱物の結晶か温泉成分だろうと思っていたのですが、イデユコゴメだし、

湯畑の青緑色の岩の正体も、この藻類だったのです。

蛋白質を大量に含み、免疫力を高める効果があるとして、家畜の飼料として活用したり、レアメタルを集めることができるのではと、今とても注目されている藻類のようでした。すごい生物を見ることができて、よかったです。

ベルツ博士とスクリバ博士

西の河原公園に、2人のドイツ人の彫像がありました。

いずれも明治初期に「お雇い外国人」として、ドイツ医学を日本人に教授するため、現在の東大医学部に招聘された医師です。2人とも夫人は日本女性というのも面白い。

高校日本史でも紹介されるエルヴィン・フォン・ベルツは内科医で、『ベルツの日記』は明治日本の様子を知ることができる一級史料なのですが、

日本史上初のがん告知を岩倉具視に行ったり、草津温泉の効用を科学的に研究したことでも知られています。

ベルツは草津温泉のすばらしさは温泉だけではなく、周囲の景観や清浄な空気、飲料水が保養地としてとても適していると、広く世界に発表し、

ベルツの友人でもあるユリウス・スクリバ(外科・皮膚科・眼科・婦人科を指導)も

草津温泉の効能を研究し、草津町民には無料で診療を施したのだとか。

草津温泉には、ベルツ通りもあると知りました。

日本に長期滞在し(スクリバは日本で死去)、日本医学の発展に尽くした2人の彫像を東京帝国大学は構内に設置しましたが、戦時中の金属不足で供出されることになりました。その時コンクリートでコピーされたものが戦後草津町に贈られ、この彫像の原型になったのだとか。

黄昏時には、西の河原公園でもぽつぽつとライトアップが始まりました。

ベルツとスクリバの彫像もライトアップされ、より一層、存在感が増したように思われました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。