ル・グランド・ホテル(ストラスブール)宿泊体験記

スポンサーリンク



個人旅行のバイブルともいえる老舗ガイドブック『地球の歩き方』には、ストラスブールでは雰囲気のいい旧市街のホテルがお勧めと書いてありました。

でも私達は列車で移動するので、交通の便のことを考えると、駅前のホテルが選択肢に入ってきます。

ストラスブール駅の駅前には、気持ちよさそうな芝生の広場があり、その周囲にたくさんホテルが並んでいました。

その中の1軒、ル・グランド・ホテルを私達は予約しました。

正面建物の左側です。

外見だけを見ると、周囲の街並みともよく調和し、少しクラシックな印象も受けますが、内部は予想を大きく裏切ってくれました。

モダンな内装のロビー

このホテルのチェックインは14:00からで、私達が到着したのは13::20くらい。

15分ほど待てば部屋の用意ができるというので、ロビーで待たせてもらいました。

このホテルもそうでしたが、フランスのホテルでは、キャンディーをフロントに置いているところが多いです。

私達も部屋に入れるのを待っている間に、少しいただきました。

このキャンディーは、いざという時の非常食として、とても重宝しました。

ロビーは広くて、とてもモダンな内装です。

飾られている絵画がどれも皆、個性的で現代風。

ロビーのテレビからは、大統領選に向けての盛り上がりが放映されていました。

でも不思議なことに、この旅行では、街中であまり選挙戦の熱気を感じませんでした。

ポスターも、ルペン氏の1枚しか見なかったし。

どこで選挙運動をやっていたのかな?

 エレベーターと階段が個性的

このホテルで特徴的なのが、斬新なデザインの階段とエレベーター。

エレベーターはガラス張りのパノラマエレベーターで、エレベーターホールとその周囲にあるらせん階段が、面白い空間を作っていました。

シンプルなのになかなかお洒落だと思いました。

非日常性の華やかさもある、柔らかで無限の広がりを持つような場所です。

エレベーターはルームキーを差し込まないと作動しないシステムで、それに気付かないといつまでも動きませんでした。

室内の様子

トリプルで予約したので、部屋は十分な広さでした。

モノトーンでまとめられた、シンプルで上品な内装です。

コーヒーや紅茶も、インスタントですが用意されていました。

バスタブが付いていたのもありがたかったです。

長時間フライトの疲れが取れました。

今回の旅行で、バスタブがついていたのは、このホテルだけでした。

窓から見えた兵士達のパトロール

窓には小さなベランダもあり、ストラスブール駅や街並みがよく見えました。

ぶらぶら15分ほど歩くと、見どころの多い旧市街へも出ることができます。

トラムを利用すれば、もっと早く移動できるようですが、今回はすべて徒歩移動で大丈夫でした。

翌日朝、駅の方を何気なく見ていたら、兵士が4人一組になって、駅周辺をパトロールしている様子が見えました。

フランスでは先月21日(金)に、パリのシャンゼリゼ通りで警官を狙ったテロ事件が発生し、大統領選前ということもあり、警戒が厳重なのでしょう。

これ以外でも今回の旅行では、警官や兵士達のパトロールを、時折目にする機会がありました。

余談ですが、トルコ航空がパリに到着したとき、シャルル・ド・ゴール空港のボーディングブリッジ(空港側出口)に警官が3人いて、パスポートをチェックされました。

降機してすぐにパスポートをチェックされたことなど、今まで一度もありません。

昨年末はパリ経由でニースに向かいましたが、パリで降機しても特に何も無かったので、私が経験した中では、今回が最大級レベルの警戒体制でした。

 朝食は文句なし!

今回の旅行で、ホテルの料金に朝食が含まれていたのは、このホテルだけでした。

フランスのホテルの朝食は、どこもパンが美味しいように思えます。

このホテルもパンが温かくて、美味しくて、家族全員大喜び。

料理や飲み物の品数もなかなか豊富で、選ぶ楽しみもあります。

スクランブルエッグや白いソーセージなど、温かい料理もありました。

ストラスブールはドイツと国境を接するアルザス地方の都市ですが、白いソーセージは、ドイツの影響を感じさせました。

ホテル代はトリプル1室14,320円プラス滞在税

4カ月前にhoterea.comで予約した料金です。

コストパフォーマンス的にも満足できました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です