スリランカ紀行 キャンディのカフェ・アロマイン宿泊体験記

スポンサーリンク



キャンディの中心部にあるホテル

ペラヘラ祭終了後の大混雑の中、私達は徒歩でホテルに案内されました。

ホテルは、私達が行列を見物していた大通りを曲がったところにありました。

カフェ・アロマインという名前です。

入ってみると、ロビーとカフェが一緒になっていて、ウェルカムドリンクも、カフェのテーブルでいただきました。

人通りの多い場所にあるせいか、カフェ兼ロビーの入り口には、守衛さんが立っていました。

その入り口の辺りをよく見ると、ペラヘラ祭(夜)を描いた絵が飾ってありました。

夜のペラヘラ祭も、いつか見てみたいものです。

室内の様子

都会のビジネスホテルという感じで、部屋は清潔だし、コーヒー&ティーセットもあるし、歯磨きセット以外は、ほぼ一通りのものがそろっていました。

もうちょっと熱いお湯が出ればよかったかも。

WiFiはつながることはつながるのですが、ものすごく遅くて、もういいわ、という感じ。

窓からヒンドゥー教寺院が見えた

でも窓からの眺めは、なかなか面白いものでした。

宝石屋などが並ぶにぎやかな大通りですが、今日は特別に、デイペラヘラのパレードから戻ってきた人々(踊り手たちなど)が、ぞろぞろ歩いてくるのです。

赤い服の人が多いなと思っていたら、象までやって来ました。

どうやらヒンドゥー教の寺院だということはわかったのですが、後で調べたところ、デイペラヘラの祭に登場した4つのヒンドゥー教寺院の1つ、カタラガマを祀るカタラガマ・デーワーラヤという寺院でした。

この神様は軍神で、赤色がチームカラーのようです。

ペラヘラ祭の行列は、4つのヒンドゥー教寺院や仏歯寺を巡るコースだということで、この辺りも祭の期間中はとても賑やかだったのでしょう(宿泊料金も高かった)。

夜も寺院がライトアップされていて、華やかでした。

お酒がない!

私達夫婦はお腹が空いたので、夕食をこのホテルのカフェで食べてみることにしました。

まずは飲み物の注文。普通ならアルコール類があるよねと思ってメニューをめくるも、いくら見てもアルコール類がありません。

仕方なくジンジャービア(ジンジャーエールのルーツ)とコーラを注文。

スリランカは、レストランなど公共の場ではお酒を出さない国でした。

スリランカ紀行 スリランカの人気ビール、ライオンラガー

2017.08.18

カフェで味噌汁

それに対して料理の方は、メニューに多国籍の様々な料理が書かれており、その中に味噌汁もありました。

海外で食べる味噌汁なんて、どうせおいしくないだろうと思いながら夫が注文してみると、カフェらしい食器に入れて出されました。

なんだかとてもお洒落です。

具もエビやイカなどが使われ、もちろん野菜も各種入っていました。

そして何より、おいしかったのです。

外国の味噌汁に対する偏見を捨てなければ、と思いました。

ナシゴレンとビリヤニ

お腹が空いているので、ご飯を食べようということで、私はナシゴレン、夫はビリヤニを頼んでみました。

ビリヤニについては、店員さんが何度も「辛くないか?」と聞きに来たので辛いのだろうと思いましたが、ナシゴレンもそこそこ辛かったし、第一とても量が多い。

泣く泣く半分ほど残しました。ごめんなさい。

代金は、ナシゴレン790ルピー、ビリヤニ790ルピー、味噌汁570ルピー、コカ・コーラ150ルピー、ジンジャービア150ルピーの、合計2,450ルピーでした。

大体1,750円くらいかな。

美味しい朝食

朝のカフェです。

まず、ジュースとフルーツのサービスがありました。

フルーツもパンも、いろいろ種類があってとてもおいしい。

そして一番おいしかったのが、このオムレツ。

ふと外を見ると、通りを象が歩いています。

ペラヘラ祭が終わって、すっかり身軽になった象でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です