スカイマークと江ノ電で、台風前夜の江の島へ!  

スポンサーリンク



江の島に行く理由

10月21日(土)・22日(日)と、江の島と鎌倉に行ってきました。

目的の1つが、関東にいる子供たちに会うこと。

もう1つが、21日(土)の夜に開催される「ふじさわ江の島花火大会2017」を見ることでした。

【徹底攻略】ふじさわ江の島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット11選

こういうサイトを見てワクワク期待したり、有料観覧席が売り切れてしまったのを知って悲しんだり、飛行機やホテルを予約したりしているうちに、出発日が近づいてきました。

出発日と同時に、台風21号も近づいてきました。

どう考えても花火大会は中止になりそうなのですが、子供たちにも会いたいし、せっかく航空券もホテルも予約したのだから、周囲に心配されつつ(特に帰りの飛行機)神戸から羽田へ向かいました。

久々の神戸空港

7:10神戸空港発羽田行きスカイマーク102便が行きの便です。

これに乗るために、今朝は4時半に起きました。

神戸空港の出発ロビーで見かけたこの大きな広告は、今話題の神戸製鋼(現在公式HPのトップページが「今回の不適切行為に関するお詫び」となっています)。

地元神戸の歴史ある名門企業なのに、検査データ改ざん問題で、新聞の一面トップを飾る日々が続いています。

早く立ち直って、世界でいい噂になってほしいと切に願うばかりです。

スカイマークの機内

神戸の天候は曇りでしたが、天気が悪いせいか、いつもの飛行よりもよく揺れたように思います

シートベルト着用サインがかなり長い時間点灯しており、トイレに行くタイミングがなかなか難しそうでした。

CAさんもきめ細かくアナウンスされていましたが、小さな子供を連れている場合、こういう悪天候になると大変だなと改めて感じました。

スカイマークに乗るのは久々で、エンタメ系のサービスがないのも忘れていましたが、機内誌もあるし、1時間少しのフライトなので全然気にはなりません。

飲み物は有料だけれど、オリジナルデザインのキットカットを配ってくれました。

これはスカイマーク独自のサービスで、乗客全員に配布されるようです。

「ネスカフェ」と「キットカット」をご搭乗の皆様全員にご提供(スカイマークHPより)

ただし、寝ているお客様にはCAさんはお声がけを遠慮するので、キットカットはもらえません。

CAさんのアナウンスで、どうやら客席下にコンセントがあるらしいと気づきましたが、場所がわかりませんでした。

スカイマークのフェイスブックページに、場所が説明されています。

今度搭乗するときには、利用しようと思いました。

JR藤沢駅にあった貼り紙

さて、久々の羽田空港に感動しながら、京急とJRを乗り継いで、約1時間でJR藤沢駅に到着です。

駅構内には、こんな貼り紙がありました。

楽しみにしていたふじさわ江の島花火大会2017は中止という貼り紙です。

花火大会の中止は残念だけれど、すでにあきらめていたことだし、せっかくここまで来たのだから、まずは江の島へ行くことにしました。

江ノ電と嵐電は姉妹提携

JR藤沢駅から江の島に行こうと思うと、江ノ電(江ノ島電鉄)に乗る必要があります。

JR藤沢駅は始発駅になります。

駅舎の丸窓が可愛いです。

電車が入ってきました。

すごくレトロな車両です。

江ノ電らしいのは、後ろの緑色の車両かな?

乗ってみると、のんびり走る路面電車でローカル線っぽい雰囲気もあり、まるで「嵐電(らんでん)みたいやな~」と思っていたら、嵐電や叡山電鉄を運行している京福電気鉄道と姉妹提携をしているのだとか。

古都を走る路面電車って、やはり風情がありますね。

古都鎌倉にも立ち寄りますが、まずは江の島駅で下車。

駅がすっかりハロウィンモードになっていました。

ここからいよいよ、江の島観光がスタートですが、それはまた次回に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です