冬の函館 五稜郭タワーのグルメとお土産 土方歳三さんがたたずむアトリウム広場

スポンサーリンク



五稜郭タワーの売店は充実!

昨年の12月25日(月)、暴風雪警報にも負けずに五稜郭タワーを訪れました。

私達は正面入り口から入ったので、最初に出逢った売店は、展望台1階の売店でした。

普通の、よくあるタワー展望台の売店だと思っていたら、面白いものが売られています(ここにしかないグッズもあるそうです)。

ドラえもんの新選組バージョン(京都にはあるのかな?)と、

ヒジカタ君というキャラクターは、初めて見ました。

彼は、新撰組副長土方歳三に憧れるあまり、魂が同化してしまった函館の観光ガイドなのだそうです。

一方、1階の売店はとても規模が大きくて、団体ツアー客や外国人観光客で賑わっていました。

ブラックサンダーというお菓子のヴァリエーション。近所で見たことがないので、店員さんに勧められるまま、勢いで3種類全て購入してしまいました(汗)。

ここにもヒジカタ君がたくさんいました。これも何かのご縁かなと思って、チケットホルダーやマスコットを購入。

可愛い牛乳瓶だなと思っていたら、これが五稜郭タワーの公式イメージキャラクター「GO太くん」でした。

イカ徳利と思ってた(汗)。よく見たら、五稜郭タワーです。

女性の新選組ファンなら、こういうのもいいかな?『薄桜鬼(はくおうき)』という恋愛ゲームのキャラクターだそうです。

正統派の幕末ファンならこちらを。

もちろん北海道の特産銘菓など、幕末ファンでなくても十分楽しめる品ぞろえ。函館のお土産はここで揃います。

五稜郭タワーの2階はレストランエリア

私達はこの展望台1階から下りのエレベーターに乗り、2階のレストランエリアで降ろされました。

2階には、和食の四季海鮮「旬花(しゅんか)」と、カレーレストラン「レストラン五島軒 函館カレーEXPRESS」、ジェラートの店 「MILKISSIMO(ミルキッシモ)」函館五稜郭タワー店の3店舗がありました。

今はまだ昼食時ではないのですが、ちょっと五島軒が気になりました。

1879(明治12)年創業の老舗レストランで、ロシア料理、パンやケーキの他、カレーも早くから提供していたようです。

夫が疲れているようなので、函館スイーツの代表・MILKISSIMOのイタリアンジェラートでちょっと休憩。ヒジカタ君も飲んでいましたが、函館はミルクの本場のようです。

たくさんフレーバーがあって、選ぶのも楽しい。

私はミルキッシモミルクとジャンドゥーヤ、夫はビスタチオで至福のひと時。

お薦め第1位はミルキッシモミルクですが、第2位にハスカップノルド、第3位がかぼちゃくりりんなど、北海道ならではのフレーバーもありました。

アトリウムにたたずむ土方さん

2階からはエレベーターで降りることができず、階段を使って1階に降ります(補助が必要な場合は、スタッフに声をかけると1階までエレベーターで案内してくれるそうです)。

階段を降りると、大砲2門を従えたりりしい土方さんの銅像がお出迎え。

五稜郭タワー創立40周年を記念して創作されたブロンズ像というから、私が以前見た銅像とは違うみたいです。

冬の函館 市電一日乗車券で五稜郭へ 五稜郭タワーで感じた違和感の理由とは? 

2018.01.09

こんな解説もついているのは、どう考えても特別扱い。イケメンは得ですね。

榎本さんはどこにいるんだろう? 昔は彼の銅像もあったのに。

跡でパンフレットを見ると、ちゃんと立像はあるようなので、見逃していたのかもしれません。ちょっと場所が悪いかも。

トイレの横に、武田斐三郎(あやさぶろう)さんと一緒に立っているのです。

旧幕軍のリーダー榎本さん、そして五稜郭を設計した武田さんなのに、ここでも土方さんにはかなわないようでした。

冬の函館 五稜郭タワー展望台から星型城砦を眺め、メモリアルホールで歴史を学ぼう

2018.01.14

そういえば、今日はクリスマス。

新しくなった五稜郭タワーを訪れるたくさんの外国人観光客を目当てに、こんなドラッグストアもタワーのそばにあります。

これから行く目的地の箱館奉行所に、なんとなく似ていました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です