パラオ現地ツアー体験1 ナチュラルアーチからロングビーチへ

スポンサーリンク



パラオ現地ツアーの人気商品に申し込み

パラオ観光は初めての私たちは、効率的に観光するべく、ベルトラサイトから、現地ツアーを予約することにしました。

選んだツアーは、

ミルキーウェイ&ロングビーチ&2箇所でのシュノーケル パラオの名所を一日で制覇!<現地ガイド日本語可> byロックアイランドツアーカンパニー

評判の良いツアーで、現在でもベルトラでは、パラオツアーの人気ランキング第2位。

これは間違いないだろう!ということで参加してみました。

参加前の注意

必要な服装・持ち物

・水着は事前に着用(シャワーや更衣室のような施設はありません)

・濡れてもいい服装で足元はビーチサンダル

・タオル持参

浮き輪を持っている人もいましたが(私たち含め)、救命胴衣(ライフジャケット)やビート板がボートに積まれているので、特に持っていななくてもいいかなと思いました。

飲み物はボートにたくさん用意されているので、特に持参しなくても大丈夫です。

料金について

このツアー(だけでなく、ほとんどのパラオのツアーもそうだと思います)は、ツアー代金(私たちの場合は2人で21,908円)の他に、「ロックアイランド許可証」もしくは「ジェリーフィッシュレイク許可証」をアクティビティ参加時に別途購入する必要があります。

私たちが購入したのは、「ロックアイランド許可証」(1人50米ドル)。

許可証は、アクティビティ参加の際に、現地スタッフから購入です(現金払いのみなので、注意してください)。

ロックアイランドとは、コロール島とペリリュー島との間にある、200~300もの島々の総称です。パラオの観光地の多くは、この島々の中にあります。

ロックアイランドの中でも特に有名なのが、ジェリーフィッシュレイク。

私たちも本当はジェリーフィッシュ(タコクラゲ)と一緒に湖で泳ぎたかったのですが、現在クラゲが激減中で観光ツアーは中止になっています(2021年以降に復活?)。

ちなみに「ジェリーフィッシュレイク許可証」は、1人100米ドルです。高い!

ホテルから港へ

このツアーはホテルに送迎してくれるのも、ありがたい点です。

私たちが止まっているパレイシアホテルからのピックアップは、8:45でした。

コロール島中心部にあるパレイシア・ホテル・パラオ体験記

2018.07.10

ガイドさんがコロール島のメインストリートを案内してくれたので、パラオの歴史や現在の状況など、ガイドブックにも書かれていないことがわかって、とても良かったです。

桟橋からボートに乗り込み、いよいよ出発!

ロックアイランドの絶景とナチュラルアーチ

ボートには、ロックアイランドツアーカンパニーのスタッフが4人。

メインでガイドをしてくださるのは、日本人女性の里奈さんでした。

とてもフレンドリーで、説明も面白い。

やがてボートは、ロックアイランドに入ってきました。

何となく、マッシュルームに似た形の島が、ポコポコ出現するのが面白い。

「パラオ松島」とも呼ばれるように、松島と似た光景が展開します。

これらは、古代の石灰岩が隆起してできた島で、多くは無人島。

2012年に世界遺産に認定されたというのもうなずけます。

アーチ状の島もいくつかあり、その中でも有名なのが「ナチュラルアーチ」と呼ばれる島。

ここでは、島を背景に記念撮影もしてくれました。記念撮影の時の合言葉は「ハーイパーラオ!」です。なかなか面白くて、病みつきになりそうでした。

ロングビーチに上陸!

オモカイ島に、ロングビーチと呼ばれる不思議な名所があります。

潮が引く時だけ出現する、細長い砂浜で、潮が満ちてくると沈んでしまいます。

このツアーの口コミにも書かれていましたが、潮の干満差がある満月や新月の日によく見えるそうです。

このツアーはできるだけロングビーチが見れるよう行程を考えてくれますが、それでも月の具合によっては、ロングビーチを見ることができない場合もあるようでした。

私たちは、ぎりぎり上陸できましたが、あまりいい日ではなさそう。

ボートから浅い海に降りて、ビーチまで歩いていきます。

カメラやバッグなどを濡らしたくない場合は、気を付けてくださいね!(私たちはついうっかり、バッグやカメラを濡らしてしまいました)。

海の水は本当にきれい!

ビーチもうっすら見えています。

ツアーのメンバーと、ビーチをぞろぞろ歩きました。

本当にビーチ以外、何もありません。

でも、ナマコやこの大きなヒトデがいたのです。

こんな大きなヒトデ、初めて見ました。イボヒトデ説もあったのですが、何でしょう?

ヒトデと一緒に記念撮影というのも大人気。

パラオの豊かな自然に触れることができました。

次はいよいよ、シュノーケリングに挑戦です。お楽しみに。

パラオ現地ツアー体験2 初体験のシュノーケリングと全身泥パック

2018.07.14
スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です