パラオ現地ツアー体験3 フィッシャーマンシーフードBBQ&グリル

スポンサーリンク



初めてのパラオ観光で、ベルトラサイトから予約した

ミルキーウェイ&ロングビーチ&2箇所でのシュノーケル パラオの名所を一日で制覇!<現地ガイド日本語可> byロックアイランドツアーカンパニー

ツアーを無事終えた私たち。

パラオ現地ツアー体験2 初体験のシュノーケリングと全身泥パック

2018.07.14

パラオ現地ツアー体験1 ナチュラルアーチからロングビーチへ

2018.07.14

この日の夕食も少し豪華なものを食べようと、ベルトラで下記のツアーを予約。

フィッシャーマン シーフードBBQ&グリル 食事券&事前予約サービス <無料送迎サービス付き>

レストラン(公式サイトはこちら)が催行している現地ツアーです。

美しい夕焼けを眺めながら、海辺でディナーなんて最高!と思ったら、予期せぬ問題が持ち上がりました。

皆同じ事を考えているようで、最初予約していた(ベストタイム)、18:00開始のツアーは満席。30分遅い開始となりました。

送迎車からの夕焼けも絶景!

私たちがパラオで滞在したのは、コロール島にあるパレイシアホテル

コロール島中心部にあるパレイシア・ホテル・パラオ体験記

2018.07.10

繁華街に近く、立地条件もいいのですが、パラオは公共交通機関がない!ので、送迎がないとちょっと離れた場所には行きにくいのです。

車が迎えに来たのは18時過ぎ。ちょうど西を目指して走るので、夕焼けをよく見ることができました。

もしかしたら、これがベストサンセットシーンかも?!

高僧の建物がほとんどなく、ヤシの並木が印象的なコロール島繁華街の夕焼けも、なかなか美しいものでした。

今回のルートはこちら。

フィッシャーマン シーフードBBQ&グリルでサンセット

10分足らずで、目指すレストランに到着。

コロール島から橋を渡ったマラカル島にありました。とても大きなレストランです。

潮風が抜けるオープンテラスが涼しげです。

店内中央には生簀もありました。

気になる夕焼けはこんな感じ。

南国の一日が終わります。

シュノーケリングツアーの帰りには、少し雨も降りかけていたけれど、何とか天気が持ち直してくれてよかったよかった。

今回のメニュー

まず登場したのがグリーンサラダ。

BBQは、パパイヤでマリネしたショートリブ・有頭エビ・ソーセージ・野菜を、自分で焼いていくスタイル。

シャコガイのお刺身も美味しかったです。貝殻が立派!

地魚のグリル。バナナの葉で包み焼くパラワンスタイルBBQで、これはスタッフが調理して持ってきてくれました。

最後にターメリックライスとペペロンチーノ。

2種類あったのですが、4人グループなので、両方注文。

これだけ食べて、1人45米ドル。4人で20,860円でした。

ドリンクは別途有料のため、私たちはボトルビールを1本ずつ注文(1本5米ドル)。

ちょっと豪華な、パラオの晩餐を満喫です。

今回の気づき シャコガイとODA

シャコガイの刺身を食べたのは、生まれて初めて(だと思います)。

私は貝が大好きですが、シャコガイもコリコリとした歯触りがあって、とても美味。

調べたところ、サンゴ礁に生息するシャコガイは、仏教でいう「七宝」の1つでした。

法華経や観無量寿経にある「硨磲」が「しゃこ」=シャコガイの貝殻、もしくは白いサンゴだろうと言われているのです。

他の6つは、金・銀・瑠璃(るり 青い宝玉=ラピスラズリ)・玻璃(はり 水晶や無職のガラス)・瑪瑙(めのう)・珊瑚(さんご)、もしくは真珠や玫瑰 (まいかい 赤い宝玉)だそうです。

大きな貝殻はキリスト教社会でも珍重され、水盤などにされましたが、乱獲が心配され、現在ではワシントン条約で輸出入が禁じられています。

この店では、生簀でシャコガイを育てていました。

パラオでは、資源の枯渇を防ぐために食用シャコガイを養殖物に限定しているそうですが、パラオ国内唯一の養殖センターが老朽化していました。

そのため日本から、2016年に6億6,900万円が無償で資金贈与され、センターの改善計画が進められています。

詳しくはこちらをご覧ください。

パラオ海洋養殖普及センター施設改善計画(ODA見える化サイトより)

この資金で、パラオの貴重な天然資源が守られ、グルメや観光の振興に役立って行けばいいなと思いました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です