ベルトラで行く台南グルメスポット 度小月本店で担仔麺や台南グルメを堪能!

スポンサーリンク



台南名物・牛肉湯に長蛇の列

2018年9月16日(日)、ベルトラで、安平(あんぴん)や烏山頭(うさんとう)ダムに行く1日ツアーをお願いし、午前の安平観光が無事に終了しました。

ベルトラで行く安平歴史スポット3 オランダ人が作ったゼーランディア城(安平古堡)

2018.09.24

ベルトラで行く安平歴史スポット2 書道と台湾の歴史も学べた安平樹屋・徳記洋行

2018.09.24

ベルトラで行く安平歴史スポット1 日本から台湾を守れ!清が築いた億載金城 

2018.09.24

私たちのツアーには、昼食はついておらず、自由に食べなければなりません。

運転手兼日本語ガイドの陳さんが、「何か食べたい店はある?連れて行ってあげるよ」と言ってくれました。

陳さんによると、台南では牛肉湯という牛肉スープが名物のようでした。下の写真は、ガイドブックにも載っている超有名人気店(文章牛肉湯)のようです。確かに行列ができていました。

しかし夫は、どうも昨日食べた台南名物の担仔麺(タンツーメン)に納得できていないようで、再度担仔麺でリベンジしたいようでした。

台南・赤崁楼近くのグルメスポット体験記 度小月の担仔麺と安平豆花

2018.09.23

度小月の本店で担仔麺リベンジに挑戦!

夫の話を聞いた陳さんは、度小月の本店を勧めてくれました。ここも、ガイドブックに載っている超人気店。

昨日の店は、支店かよく似た別の店なのでしょうか。とにかく今日は、期待できそうです。

まず、店構えからして全然違う。露店風ではなく、ちゃんとしたビルの中にある店です。

店内もきれいし、スタッフもとてもきびきびしていて、丁寧に接客してくれました。

陳さんのアドバイス通り、食べたいメニューの1つ滷肉飯(ルーローファン、あとでレシートを見ると肉燥飯とあり、ラードを使っていない点が異なる)と、ツアー用のセットメニューを1人分注文することに。日本人には、これでちょうどいい量だそうです。

待ってました、担仔麺!滷肉飯も一緒です、夫は担仔麺を一口食べて、大感激。やはりニンニクがたっぷり効いていて、とてもコクがある。この店にしてよかった! パクチーは最初からなかったので、私たちにはとてもありがたかったのですが、パクチー好きの方は最初からお願いして、入れてもらってもいいかも。

滷肉飯も、素朴なおいしさでどんどん食べられそう。量もちょうどよかったです。

からすみを、店で食べるなんて初めてです。とても濃厚な味で、これなら間違いないだろうと、両親へのおみやげのからすみは、この店で購入することにしました(これも陳さんが教えてくれました)。

海老の春巻きも、夫が食べたかった料理。ぺろりと全部食べてしまっていました。どんな味だったのかな? 野菜と肉団子のスープも、スープ好きの夫の口に会いました。よかったよかった。

鯛のフライと厚揚げ、空心菜の炒め物。空心菜の炒め物はとてもおいしく、鼎泰豊で食べる時のような味。

フルーツも、うっかり1つ食べてしまった後でしたが、写真を撮りました。何が入っていたかな? ドラゴンフルーツだったかな?

あまり担仔麺がおいしかったので、ほとんど自分ばかり食べてしまったことに気づいた夫が、単品で注文してくれました。やっぱりこの店の担仔麺はおいしい! ガイドブックに載るのもわかります。

有名人も食べた味

会計は、単品の担仔麺50元、肉燥飯35元、ツアー用のセットメニューが450元(以上現金払い)、お土産用のからすみはカード利用可能で700円でした。

食事内容についてみると、2人で2,000円程度なのに、おいしくて量もあって、大満足。

店の外に出ると、ポスターに目が留まりました。

タレントの渡辺満里奈さんは、18年前の著書『満里奈の旅ぶくれーたわわ台湾』で、度小月の担仔麺を紹介しているようです。

蒋介石の子にして後継者の蒋経国元総統、彼の死後、その跡を継いで政治の民主化を進めた李登輝元総統など、そうそうたる有名人も食べているのですね。

司馬遼太郎さんは『台湾紀行』の中で、この2人の政治家について何度も言及されていました。李登輝さんとは、対談もしておられます。

司馬さんは、こちらの支店である、赤崁楼隣の度小月で担仔麺を食べたようですが、こちらの本店の担仔麺は食べたのかな?

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です