2時間で楽しめる高雄 駅から近い観光スポット 美麗島駅と高雄85大楼 

スポンサーリンク



タイムリミットは2時間!

2018年9月17日(月)、長かった2泊3日の台南旅行もいよいよ大詰め。

14:00発のピーチで帰国するため、高雄国際空港には、12:00には到着しておきたいところ。

本当は台南でもっとゆっくりする予定でしたが、行きたいお店の開店が遅いため、早めに高雄に移動して、手早く観光することにしました。

早朝の台南散歩 コンビニの匂いの正体・茶葉蛋がおいしい!

2018.09.25

高雄に到着したのは9:30。自由に使える時間は約2時間です!

高雄駅前

高雄は台湾第二の都市。高雄駅前もビルがたくさんあります。

台鉄高雄駅は、現在工事中。

2023年の完成が楽しみです。地下鉄(MRT)との接続時間が、もっと短縮されたらいいな。

MRTへは、こんな萌えキャラが道案内で立っていました。

MRTで行く「世界で二番目に美しい駅」

2時間で楽しめる高雄観光・最初の目的地は、「世界で二番目に美しい駅」MRTの美麗島駅です。

改札を出たところに、4,500枚のステンドグラスを使った「光之穹頂」と呼ばれる美しいドームがありました。

改札を出なくても十分見ることができます。写真もたくさん撮れました。

2014年、「ニューヨーカーが夢見る世界で最も美しい地下鉄駅ランキング」で第2位になったとか。

2年前に高雄を訪れ、美麗島駅でも乗り換えたのですが、改札口の方にはいかなかったので、この美しいステンドグラスには気づきませんでした。今回見ることができて、よかったです。

高雄85大楼 台湾で2番目に高い展望台からの眺め

次に訪れたのは、美麗島駅から空港方面へ2つ目の、三多商圏駅から近い、高雄85大楼。

その名の通り、地上378mの85階建て高層ビルです。遠くからでも見えるから道には迷わないのですが、どこから展望台に入ればいいのかが、ちょっとわかりにくかった。

正面から堂々と入っていけると思っていたのですが、このビルはホテルがメインなので、展望台入り口は建物の横手にあります。上の写真の入り口ではなくて、下の写真が正しい入口。でも間違えてホテルに行っても、スタッフが優しく道を教えてくれるので大丈夫です。

この日(9月17日月曜日)は、台湾は平日のようで、受付嬢も暇そうでした。チケットを購入すると、絵葉書をくれました。

私たちのガイドブック『るるぶ台南・高雄・屏東・澎湖島』は、最新版のものを購入して持参したのですが、入場料金は180元から値上がりしていて、250元になっています。

入場料50元だった、台南の歴史的スポットと比べると5倍の金額! かなり高めの値段設定でした。

まずはエレベーターで75階へ。エレベーターの内部は、星がキラキラ。銀河までありました。

75階はこんな感じ。私たちの貸し切り状態です。ここは本格的な展望台ではないのですが、展望を楽しむことができます。ただし、75階からは港の方向くらいしか見えません(窓がない)。

地図と見比べると、どこを見ているのかがよくわかりますね。

港もあちこち工事中みたいでした。下の写真は、旗津方面かな?

快晴というわけではないですが、雨が降らなかったのでよかったです。

夜の方が、イルミネーションが美しくて、工事中でも気にならずに楽しめそうですね。

次に階段を下りて74階へ。こちらの方が本格的展望台なのですが、相変わらず客は私たちだけでした。

地元物産の案内展示もあります。台湾原住民バージョンのキティちゃん。

展望は75階よりも窓が多く、港だけでなく、街の方向も見えます。

今私たちがどこにいるのかも示されているので、とても分かりやすいです。

上の写真の下部左の、オレンジ色の瓦は、駅からこの展望台への途中で見かけた関帝廟の屋根瓦。

上の写真は、85大楼に行くときに写した写真。立派な関帝廟でした。

上は百貨店などが集まる、MRT三多商圏駅前のロータリー。私たちはここから来ました。

展望台には、記念撮影用のパネルも。こんなきれいな快晴の日に、来てみたいですね。

ここにはエレベーター乗り場がないので、階段を上がってまた75階へ行き、そこからエレベーターで地上へ。

ビルから出て見上げると、高さが際立ちます。高雄ではもちろん一番、台湾では台北101に次ぐ高さのビルだそうです。高雄には「二番目に」という名所が多いですね。

高雄国際空港で、台湾最後のローカルフード

無事に高雄国際空港に到着。

小さな空港ですが、とてもきれいな空港でした。

出国エリアで行列ができています。どこに行くのかな?と思ったら、ピーチの沖縄便でした。

でも「沖縄」ではなく、「琉球」と書かれているのでびっくり。

「琉球」という言葉は、中国の人々が沖縄を呼んだのが起源らしいのですが、台湾では今も「沖縄」ではなく「琉球」なんですね。

14:00の出発まで時間もあったので、好饗廚房(高雄国際空港店)で、最後の台湾料理をいただきました。

空港のレストランですが、予想以上においしかったです。

食べている最中に、関空行きのピーチも無事到着。

ピーチは遅延が心配でしたが、無事に関空にも定刻通り到着。楽しい2泊3日の旅でした。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です