ハバロフスクでお土産探し 百貨店、中央市場そしてショッピングセンターへ!

スポンサーリンク

ハバロフスクの午後は買い物タイム

仕事などが忙しく、いつも旅先での観光下調べは人任せ。ガイドブックも現地で初めて読むという、超行き当たりばったりの旅行が、ここ数年来続いています。

今回のシベリア旅行も、ほとんどが同行者任せの旅。

ハバロフスクで昼食をとった後で店を出てみると、午前中とは一転して、とてもいいお天気になっていました。

ハバロフスクの定番観光・アムール川遊覧船 夏でも曇ると寒い!

2018.10.16

ハバロフスクの散歩道 アムールスキー並木通り

2018.10.15

でもハバロフスクの見どころをろくに調べなかったため、午後の予定が決まらない。

それなら土産物を探して、色々な店を回ってみることにしました。

今回買うもの

私たちが頼りにしていた『地球の歩き方』には、シベリアのお土産として、チェブラーシカ(『ビブリア古書堂の事件手帖』で初めて知った、ロシアで愛されているキャラクター)、バイカルアザラシや少数民族のグッズ、イコン、グジェリ陶器や白樺細工なども紹介されていますが、ロシアらしいお土産の定番と言えば、マトリョーシカ。

そして、3年前にモスクワでもたくさん売られていたはちみつ。

この2点を探してみました。

グム百貨店

ハバロフスクの大通りです。美しい建物が多いですね。

ムラヴィヨフ・アムールスキー通りがこの町の中心繁華街。

この通りに、グム百貨店があります。ソ連時代には、国営百貨店でした。

この立派なドームのある建物(上)が、グム百貨店。

でも土産物の売り場があまりなくて、普通の百貨店のように、衣料品や化粧品などがあるだけ。かなり古いタイプの百貨店なのかも。

値段も高めなのか、あまりお客もいなくて、早々に引き上げました。

中央市場

次に目指したのが、中央市場。

途中、公園を通りました。レーニン広場かもしれません。

天気がいいと、途端にすべてが輝きだすのが、ロシアの夏なんだなと実感。

中央市場は、レーニン広場の近くです。

かなり大きな建物でした。

建物の外にも、露店が並んでいました。

内部は1階が食品市場、2階が薬局や雑貨屋など。お客も多くて、なかなかの迫力。

2階から見た肉屋さんが大迫力! 大きな包丁で、肉を切っているのがすごい。

1階に降りてみると、肉だけでなく、乳製品やお菓子、青物など、いろいろな店がありました。

ここで、はちみつも売られていたので、購入しました。

ちょっと蓋の閉まり具合が心配でしたが、店のおばさんはいい人で、いろいろ試食もさせてくれました。

はちみつだけでなく、ハチの巣も売られていて、素朴でワイルドな店でした。

大型ショッピングセンター NKシティへ

はちみつは無事に購入できましたが、まだマトリョーシュカが見つかりません。

土産物屋ものぞいてみたりしたのですが、大きさ(意外と大きい!)や値段、顔の表情や全体の色調など、やはり好みがあるのでなかなか簡単に選べません。

中央市場から一度駅に戻り、駅前の広場で休憩した後、今度は大型ショッピングセンターでマトリョーシカを探すことになりました。

アムールスキー並木通りも、天気が良ければ、こんなに気持ちのいい散歩道なのです。午前中とは大違い。

ハバロフスクの散歩道 アムールスキー並木通り

2018.10.15

駅前の広場で少し休憩した後、大型ショッピングセンターのNKシティへ行ったのですが、朝から一日歩き通した疲れが出たのか、実際よりもとても遠く感じました。

ハバロフスクは坂の多い街なので、余計に疲れたかもしれません。

撮影する気力もなくなったのですが、幸いなことに、マトリョーシカは何種類もあったので、ここでじっくり、気に入ったものを選ぶことができました。

マトリョーシカ人形は日本がルーツ?!

ロシア土産の定番・マトリョーシカですが、この入れ子構造の手足がない人形は、日本の人形にヒントを得て作られたという説があります。

19世紀末、箱根にあったロシア正教会の避暑地を訪れたロシア人修道士が、ロシアへの土産に持ち帰った箱根細工の七福神入れ子人形が、マトリョーシカの元になったのだとか(モスクワ発祥説など、諸説あります)。

その後1900年のパリ万国博覧会で、マトリョーシカは銅メダルを獲得し、一躍ロシア土産として知られるようになりました。意外と歴史は新しいですね。

私も「ロシアの歴代指導者マトリョーシカ」が欲しかったのですが、ちょっと大きくて値段も高かったので、今回は断念。

この半分の大きさでいいのにと思いましたが、よく考えたら、小さくしたら技術的に難しくなるから、値段がさらに高くなるのかな?

ロシアは日本から近いし、特に極東ロシアは再度訪れたい場所です。その時こそ、手ごろな大きさの、ロシア歴代指導者マトリョーシカを手に入れたいものです。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です