阪急京都線人身事故で、期せずして乗った京阪電車プレミアムカー(座席指定特別車両)

スポンサーリンク



2019年2月2日(土)、初午で賑わう伏見稲荷大社や、同志社大学周辺の和菓子屋2軒を訪れました。

『京都人の秘かな愉しみ』ゆかりの地を訪ねて 出町ふたば・同志社大学・俵屋吉富

2019.02.17

初午の伏見稲荷大社(大鳥居~奥宮) 外拝殿の京野菜にびっくり! しるしの杉をいただこう 

2019.02.09

阪急京都線が不通!

帰りは河原町通からバスで四条河原町まで行き、いつものように阪急京都線で帰ろうとしました。

ところがどうも、河原町駅改札口周辺の雰囲気がおかしいような。

近づいてみると、電車が動いていないらしい。

どうやら人身事故みたい。これは復旧まで、大変そうです。諦めて、京阪特急に乗ることにしました。

どうせならプレミアムカーに乗ってみたい!

四条河原町から、京阪の祇園四条駅までは、歩いてもたいしたことがないので、こういう時は大助かり。

京阪に乗るのなら、どうせなら、伏見稲荷に行くときに見かけたプレミアムカーに乗ってみよう!ということになりました。

京阪電車で行く初午の伏見稲荷大社 「裏参道」だけど、とても賑やかな神幸通を歩こう 

2019.02.08

プレミアムカーに乗るときは、通常運賃プラス指定席料金が必要です。

指定席は、鉄道案内所で予約。私たちは緊急だったので、鉄道案内所に行きましたが、あらかじめ乗車を決めている場合は、14日前から鉄道案内所およびインターネットで予約することができます。

運が悪いことに、次の列車の指定席は満席になってしまい(私たちのすぐ前で)、30分近く待つ羽目になりました。

これなら河原町経由で帰らず、今出川から出町柳経由で帰った方がよかったと思いましたが、後の祭り。

時間もあるし、おなかも空いたので、駅のコンビニ(アンスリー)でコーヒーを購入し、出町ふたばで購入した豆餅を食べて一休み。

『京都人の秘かな愉しみ』ゆかりの地を訪ねて 出町ふたば・同志社大学・俵屋吉富

2019.02.17

元気が出てきました。やっぱりふたばの豆餅はおいしい!

憧れのプレミアムカー

さて、やっと私たちのプレミアムカーに乗る時間が近づいてきました。

乗車場所も指定されています。

「一部指定」と書かれている列車表示もかっこいい!

頑張って写真を撮ろう!と思っていたのですが、列車に乗ったり、専属アテンダントさん(女性)にご挨拶して指定券を見せたり、座席を探したりするのに忙しく、あまり写真は撮れなかったのです。

詳しい車内の様子は、こちらの公式サイトをご覧ください。

車内はとても落ち着いたオフホワイト(生成り色)や黒、金を基調にした配色。

包み込むような座り心地の椅子は、グレードの高い長距離バスのようで、とてもゆったりできます。

足元もゆったりしていて、エコノミークラスの飛行機とは、比べ物になりません。

無料Wi-Fiや防犯カメラも設置されていて、とても快適に過ごせました。

乗車するときに、指定券を専属アテンダントに見せた後は、特に検札もありません。

専属アテンダントは停車駅になるとホームに立ち、指定券を持っていない乗客が乗らないようにしています。

京橋駅まであっという間。降りるのがもったいないような、快適な乗り心地でした。

京都で歩き疲れた時に乗りたいけれど、もう少し長時間乗っていたいな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です