思わぬミュンヘン空港1泊 ミュンヘン空港に乾杯! ルフトハンザで関空へ!

スポンサーリンク



2019年5月5日(日)、整備不良によるアエロフロートの遅延でモスクワ経由便に乗れなくなった私たちは、ミュンヘン空港で1泊し、6日(月)発のルフトハンザ関空直行便で帰国することになりました。

思わぬミュンヘン空港1泊 ヒルトンミュンヘンエアポート体験記

2019.07.21

ミュンヘン発モスクワ経由関空行きで帰国できる予定が、大トラブルに!

2019.07.21

空港にあるビアハウス 憧れのエアブロイ

私たちはヒルトンミュンヘンエアポートで夕食を食べたのですが、その時はディナーバウチャーを利用したため、アルコールは注文しませんでした。

思わぬミュンヘン空港1泊 ヒルトンミュンヘンエアポート体験記

2019.07.21

しかしやはり、最後の夜はビールも飲みたいし、できればスープではない白アスパラガスも食べてみたい。

うまい具合に、ミュンヘン空港には、空港内の自家醸造所でつくられたビールが飲める「エアブロイ」というビアハウスがあるのです。

昨日も偶然前を通りかかり、とても気になっていたのです。

これは行くしかない!

イルミネーションが美しいエアポートセンターを通って、エアブロイに行きました。

店内はこんな感じ。

大きな機械は、醸造の道具かな?

メニューを見ていて、コーヒーよりもビールが安いことに気が付きました。これはビールを飲むしかない!

さっそく料理とビールを注文!

娘と3人で、今度こそ最後のミュンヘンの晩餐。帰国のめどが立ってほっとしたためか、本当にビールが美味しかったです。

念願の白アスパラガス。柔らかくてとてもおいしい! これがドイツの「春を呼ぶ野菜」なんですね。日本の筍みたいなもの?

マスタードも、あまり辛くありませんでした。

巨大スーパー・エデカは早朝から営業

5月6日(月)は、娘がアエロフロート早朝便でモスクワ経由で成田に帰国するため、私たちもターミナル2へお見送り。

その帰り、お土産を追加購入したいなと思い、スーパー・エデカに立ち寄りました。

このスーパー、何と5時から営業しているようです。

どうせスーツケースも部屋にあるのだし、液体物をもう少しお土産として追加購入しようと、あれこれ物色。

ミュンヘン発モスクワ経由関空行きで帰国できる予定が、大トラブルに!

2019.07.21

ビールが0.99ユーロと激安!

ワインは2.90ユーロからのようで、ザルツブルグの方が安そう。

思い切ってビール2本と白アスパラガスの瓶詰を購入しました。

ところがエコバッグを持っていなかったので(昨日は機内手荷物のリュックがありました)、手に持って歩くしかありません。

外国に行くときは、いつ何を買うかわからないので、エコバッグやリュックのようなものは必需品だなと思いました。

ルフトハンザ関空便でオーバーブッキング!

さて、私たちも12:15発のルフトハンザ関空直行便に乗るべく、ターミナル2へ。

念のために3時間前にチェックインしたのですが、それでも夫とは席がバラバラ。

おまけに3人席の真ん中。トイレに行けるかどうか、心配になりました(行かずに済みました)。

パスポートには昨日の出国印もあったため、出国審査官が怪訝な顔をしていましたが、アエロフロートからもらったルフトハンザチケット書類を見せて何とかパス。

さて、やっとゲートに入ってやれやれと思っていたら、また一波乱。

11:20頃、定員以上の予約者が出たため、協力者を募っているという独英日3か国語のアナウンスがあったのです。

昨日のアエロフロートに乗れなかった私たち5人が急遽乗り込んだため、オーバーブッキングになったのかもしれません。

一体どうなるのだろうと思っていたら、なんと、私たち同様アエロフロートに乗れなかった女の子2人組が協力者になって、次の上海経由便に乗る代わりに、1人600ユーロ(だったかな?)をもらい、現在空港ラウンジを使わせる要求もしているとのこと。たくましい!

結局ルフトハンザは、定刻に出発してくれました。

驚いたことに、アエロフロートの方がエンターテインメントの内容が充実していたように思えます。

機内食は、どちらも美味しいと思いました。上は日本風の夕食。

そしてこれが朝食です。

飛行機は定刻通り関空に6:20頃に着いたのに、大阪へ向かうリムジンバスが渋滞で遅れてしまい、最寄り駅から職場までタクシーを飛ばすという予定外の出費を強いられましたが、終わり良ければ総て良し。

普通では体験できない、いろいろなことがあったGWの旅でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です