ぶらり京都散歩 京都の名水を探して(四条界隈)

スポンサーリンク



2019年9月7日(土)、京都を訪れました。

目的は、『京都人の秘かな愉しみ』で紹介されていた、京都の名水を見ることです。

市比賣神社

この番組で、初めて知った神社が市比賣(いちひめ)神社

私は知らなかったのですが、女性の守り神とされ、女性全ての願い事にご利益があるとか。

特に「女人厄除け」の神として、厄除け女性の参拝者が全国から絶えないそうです。

これはしっかりお祈りしないと!

そしてこれが、お目当ての「天之真名井(あめのまない)」。

洛陽七名水の一つで、歴代天皇の産湯にも使われたのだとか。手ですくって飲みましたが、やはり美味しい! ペットボトルを持ってこなかったのが悔やまれました。

これは新しそうな「カード塚」。

古いカードに感謝をこめて、ここで祓い清めているそうです。

錦天満宮

次に訪れたのは、錦天満宮

京都の台所・錦市場の東端にあり、智慧・文学・商売繁盛の神として信仰を集めています。

ここにも名水・「錦の水」が湧き出ていました。この下に井戸があるのですが、肝心の井戸の写真が撮れていない! それにしても、京都は名水が多いですね。

八坂神社

京都有数の観光地、八坂神社にも名水があります。

でも八坂神社は現在、境内が一部工事中で、苦労して見つけたのがこれ。

「祇園神水」という水。八坂神社東側。末社・大神宮社(だいじんぐうしゃ)の前にある御神水。なんでも八坂神社本殿の下から湧き出ているそうです。

「飲用はできない」とあるので、残念ながら飲むことはしませんでしたが、地元民からは『力水』と呼ばれ、気の力が得られる水として親しまれているとのこと。昔は飲んでいたのでしょう。

顔につけたりすると美人になれるという言い伝えがあり、祗園界隈の芸舞妓さんたちがこちらの力水を愛用されてるのだとか。

この水は、八坂神社の末社・美御前神社(美人で有名な宗像三女神を祀る)の境内に湧き出ているらしいのですが、工事中のため、美御前神社がどこにあるのかわかりません。

仕方なくお参りなしで、こっそり顔につけてみました。さぁ、効果のほどはどうかな。

おまけ:八坂神社の御朱印

この2週間後(2019年9月22日)、八坂神社を再訪する機会がありました。

2019年9月14日、三河湾のパワースポット・竹島で新しく御朱印帳を購入したばかり。

HISで行く寸又峡・大井川鐡道1泊ツアー2 三河湾のパワースポット・竹島

2019.09.18

この日も持参して、八坂神社で御朱印を頂きました。

御朱印ブームなのか、授与所にはかなり行列ができていました。

実はこの八坂神社は、本社の他にも数多くの摂社・末社(いずれも境内にある小さな神社)があり(全部で22社もある)、御朱印もたくさんあったのでした。

初めて八坂神社で頂くので、やはり本社の御朱印がいいなと思い、お願いしたのですが、今まで頂いた神社よりも少し高めの初穂料で500円。

でも後で調べると、9時から16時までは手書き対応で500円。それ以外は書置き(台紙)で頂くため300円でした。

摂社や末社、更には限定御朱印と、様々な種類があるのですね。

焦らずに、少しずつ集めていこうと思いました。先は長そうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です