クラブツーリズムで行く紅葉名所1 多良峡

スポンサーリンク



2019年11月24日(日)、クラブツーリズム主催のバスツアーに参加しました。

近江の紅葉名所「鶏足寺」と「永源寺」紅葉に染まる多良峡 10のお持ち帰りも!

というツアーです。

集合時間が早い&集合場所が遠かった

最近クラブツーリズムのバスツアーを梅田発で利用する場合、よく「西梅田暫定バス駐車場」を利用するのですが、今回は梅田&新大阪出発なので「プラザモータープール茶屋町駐車場」集合となりました。

阪神梅田駅から、少し遠い。

しかも6:45集合です。滋賀県に行くのに、どうしてこんなに早く集合するのかな?

家を出た時にはまだ真っ暗。最寄り駅でやっと日が昇りました。

バスも早く来て、梅田出発は早まり(集合状況がよかった)、予定より15分早く、7:00新大阪到着。

奈良交通の西浦運転手、久々の添乗という女性添乗員のすみかわさん、そして2名キャンセルの35名が本日のメンバーです。

当初の行程表では、まず鶏足寺に行く予定でしたが、道路の混雑状況(紅葉シーズンなので混むらしい)を考えて、先に多良峡へ行くことになりました。

オプション販売

バスツアーのお約束? オプション販売は、今回も最初の休憩地点・草津PAまでにありました。

今回は「よもぎ麩」500円と

「はちみつバウムクーヘン」900円の2種類。

いずれも昼食会場の関ケ原・花伊吹で購入できるのですが、オプション販売の方が少々安いので、お得と言えばお得です。

でも今回のバスツアーは、「10のお持ち帰り」つまりプレゼントがついています。

行程表にも「当日は、エコバッグ等の袋のご持参をおすすめいたします。」とありました。

つまり、嫌でも荷物は増えるのです。なので今回はパスしました。

多良峡森林公園

私たちのバスは、草津PAで8:15~8:30にトイレ休憩。

その後、伊吹山や関ケ原古戦場を見ながら、多良峡を目指します。

私は「多良峡」という地名は全く知らなくて、てっきり滋賀県だとばかり思いこんでいたのですが、岐阜県大垣市だったのですね(愚)。

正確にいうと、大垣市・上石津町にある多良峡森林公園が、最初の目的地です。

ところが現地に行ってびっくり! まず大型バス用の駐車場がありません。

大型観光バスが続々とやってきて、ツアー客を下ろしていきます。

シャトルバスもあるようです。

多良峡森林公園は、牧田川の峡谷で全長2.5kmほど。

揖斐・関ケ原・養老国定公園、岐阜県の名水50選、飛騨美濃紅葉33選にも選ばれている峡谷です。

林野庁の補助事業「森林空間総合整備事業」により、平成14年から16年までの3か年間で、この公園は整備されたのだとか。

吊り橋もありました。

この辺りは、「一之瀬嵐山」という別名もあるそうです。

吊り橋のたもとには、地元の名産品が売られていました。

何とここは、明智光秀の生誕地候補の1つだったのです! 多羅城という名前は知っていたのですが、多良峡と結びつきませんでした。

無料キャンプが可能な公園だった

この多良峡森林公園は、全国でも珍しい、無料キャンプが可能な公園。

この日も、何組かがキャンプしておられました。

キャンプ可能な場所は、川沿いの河原と、一段高い川岸(林の中)。

紅葉は、川沿いよりは林の中の方がきれいでした。

草津PAではお天気だったのに、多良峡では曇り。

もしお天気だったら、もっと鮮やかな紅葉が見られたかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です