明智光秀岐阜の旅5 (番外編)ホテルルートイン恵那と中山道の面影 

スポンサーリンク



2019年3月30日(土)~31日(日)、明智光秀の生誕地を訪ねる旅に出ました。

訪れるのは岐阜県の恵那市と可児(かに)市。いずれもあまりなじみのない土地です。

最初の30日は、まず恵那市を訪れました。

明智光秀岐阜の旅4 恵那市観光協会バスツアーで行く妻木城と妻木城主菩提寺の祟禅寺

2020.03.03

明智光秀岐阜の旅3 恵那市観光協会バスツアーで行く大正村浪漫亭&道の駅おばあちゃん市

2020.03.02

明智光秀岐阜の旅2 恵那市観光協会バスツアーで行く光秀供養塔(龍護寺)と光秀産湯の井戸(落合砦)

2020.03.01

明智光秀岐阜の旅1 恵那市観光協会バスツアーで行くお牧の方墓所と明知城(白鷹城)

2020.02.29

ホテルルートイン恵那での夕食

私たちが宿泊したのは、ホテルルートイン恵那でした。

恵那駅からは15分ほど。少し足を延ばせばレストランも何軒かあるようですが、雨が降っていたのであまり長く歩くのもおっくうになり、ホテルのレストランで食べることにしました。

ビジネスホテルだけれど、レストラン(特に夕食)があるのはありがたいですね。

こちらのレストランのおすすめはこれ。

鶏のちゃんちゃん焼きというのは初めてです。ちゃんちゃん焼きも知らなかったのですが、もともとは北海道の鮭を使った漁師料理で、それを鶏に変えたもの。

野菜と鶏を鉄板で焼き、味噌などで調味した料理だそうです。

これは定番。飛騨牛コロッケ。

飲めるとは思っていなかった、憧れの日本酒「女城主」があったので思い切って注文。ちなみに井伊直虎ではなく、この近くにある岩村城の「女城主」・信長の叔母・絶世の美女だったというおつやの方です。

彼女は四度も結婚し、特に最後の相手は敵方の武田の家臣・秋山虎繁(秋山信友)だったため、信長からは裏切り者とされ、夫婦とも磔にされた悲劇の女性。

彼女が守っていた岩村城も、今度訪れてみたいな。

これだけではおなかがすくので、煮干しラーメンや上田カツカレーをいただきました。

ルートイングループは、長野県上田市で創業したので、上田の名前がついているのですね。

豪華な朝食バイキング

夕食にも感動したけれど、朝食のバイキングにも感動しました。

おかずの品ぞろえもよく、結構豪華です。

ビジネスホテルの朝食って、もっと品数が少ないのかなと思っていました。

缶詰だけれど果物があったり、根菜など野菜の種類が多いのがうれしいですね。

昨日のレストランですが、昨夜は気が付かなかったお雛様が3月らしいなと思いました。

夫が好きな某ホテルチェーン(〇〇イン)よりは少し高めの価格(9,900円)でしたが、ポイントを使って2,000円引きだったし、この食事や夕食のレストランのことなどを考えると、これもなかなかコスパがいいなと思いました。

中山道大井宿の面影

翌日雨も上がり、次の目的地可児市への移動のため恵那駅へ向かう途中、面白いものを見つけました。

昨日雨だったし、反対側の道を歩いていたので気づかなかったのですが、この辺りは中山道の宿場町・大井宿があったのでした。

宿場町をアピールした広場。

道路標識によると、この辺りが旧中山道のようです。

道幅は思いのほか狭くて、一見よくある普通の道のようでしたが、長い長い歴史がある道なのですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です