HISで行く鳥取カニカニカーニバル体験記3 砂丘センターから鳥取砂丘へ

スポンサーリンク



砂丘センター見晴らしの丘

2020年12月26日、大阪発のHIS日帰りバスツアーに参加しました。

鳥取カニカニカーニバル♪なんと!たっぷりカニ約4杯分で21品ものカニ料理フルコース!更に海鮮のっけ丼も食べ放題!鳥取砂丘散策、白兎神社ほか、訪問も盛り沢山で1日満喫♪ 

砂丘センター見晴らしの丘の2階でカニづくしの昼食を堪能した後は

HISで行く鳥取カニカニカーニバル体験記2 カニづくしの昼食

2020.12.29

鳥取砂丘の観光です。

直接鳥取砂丘に行く前に、まず建物の3階にある展望台から、砂丘の様子を見てみました。

確かに建物の名前の通り、よく見えます!

『ポケットモンスター』に登場する「サンド」の顔ハメパネルもありました。

サンドは乾燥した砂地で砂遊びをするのが好きらしく、鳥取砂丘にはぴったり!

2018年12月、サンドとアローラサンドが「とっとりふるさと大使」にも任命されています。すごいですね!

入り口近くには、こんな砂像も!

TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』と砂の美術館がコラボした作品のようでした。

今回時間がなくて、砂の美術館は諦めていたのですが、砂像を1つでも見ることができて良かったです。

このほかにも砂丘センターには、充実した土産物売り場や

砂丘テラスというイベント広場もあって、なかなか楽しい施設でした。

観光リフトに乗って鳥取砂丘へ!

砂丘センター見晴らしの丘のすぐ近くに、砂丘へ行く観光リフト乗り場があります。

今回のバスツアーにはリフトの代金が含まれているので、乗らないのはもったいない。

大人一人片道200円、往復300円だそうです。

下りのリフトからの眺めはなかなかよかったです。

やって来ました、鳥取砂丘!

先日の大雪の名残なのか、大きな水たまりも見えます。今朝も少し雨が降ったようでした。

山々には雪がまだ残っています。

ラクダは寒くないのかな?

「馬の背」から見た冬の日本海

せっかくなので、鳥取砂丘でも人気の高い観光スポット「馬の背」に行ってみました。

雨がぱらつき、冷たい風が吹いていたため、ダウンのフードをかぶったので、あまり周囲が見えません。

標高47m・最大傾斜32°の砂丘列「馬の背」に登るのは、なかなか大変でした。

やっと登った「馬の背」からは、冬の日本海が見えます。

めちゃくちゃ寒そう!

砂山を登ったり降りたりするのは、とてもいい運動になりますね。

ここからバスが停車している砂丘センター見晴らしの丘までは、距離がかなりあります(中央の建物)。

観光リフト(写真は起点駅)に乗れてよかったなと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です