想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り2  哲学の道から南禅寺へ

スポンサーリンク



2年前の4月に訪れたクラブツーリズムのバスツアー「京都を彩る7つの桜めぐり」は、今でも心に残っています。

目的地は、哲学の道、南禅寺、知恩院、植物園、半木の道(なからぎのみち)、平野神社、嵐山。それになんと、円山公園も加わって実質8カ所!

もちろん昼食もついて1人7,990円という、ありがたいツアーでした。

哲学の道と若王子神社

哲学の道で、珍しい狛ねずみのいる大豊神社を訪れた後は、

想い出のクラブツーリズムバスツアー 京都7つの桜巡り1  哲学の道と大豊神社

2021.03.19

再び哲学の道から南禅寺方面を目指します。

さすが桜の名所で名高い哲学の道!

あちこちで美しい桜に出会いました。

結婚式の写真の前撮り?をしていたカップル。いいお天気で、本当に良かったですね。

疎水には、魚の姿もありました。

やがて見えてきたのが、熊野若王子(くまのにゃくおうじ)神社。

哲学の道の終点・若王子橋のすぐ近くにあり、平安時代末期に、後白河法皇によって創建された神社。

当時は熊野信仰が大ブーム! 和歌山県にある熊野三山を巡る「熊野詣で」も盛んに行われましたが(世界遺産の「熊野古道」はその名残)、京都にいながら、熊野の神様に参拝できれば、もっと京都人にとっては便利ですよね。

この神社は、熊野三山で祀っている12柱の神々の内、若一王子(にゃくいちおうじ)もしくは若王子(にゃくおうじ)神と呼ばれる神で、天照大神や十一面観音と同体とされています。

この日は「桜花祭」が行われるのか、紅白の垂れ幕があって一段と華やか。

室町幕府の初代将軍・足利尊氏や、同じく8代将軍で応仁の乱や銀閣で有名な足利義政が、ここで花見をした故事にちなみ、哲学の道を散策する人々の道中安全を祈願するお祭りだそうです。見てみたかったな。

南禅寺の三門と法堂

南禅寺へ行く途中、永観堂の前を通りました。

紅葉の頃はたくさんの人で賑わいますが、今は比較的静かみたい。

湯豆腐の名店として知られる奥丹も、まだ営業時間前。

そしてようやく南禅寺到着!

臨済宗の寺院で、室町幕府が制定した「五山十刹」など、寺院の格付けの中で「五山の上」と位置されている、とても格式の高い寺院です。

石川五右衛門の「絶景かな!」という名台詞で知られる、三門とご対面。

今日は時間がないので、上に登るのは諦めましたが、上から見ると境内の桜が一望できて、さぞきれいだったことでしょう。

南禅寺の中心となる建物・法堂(はっとう)も桜が加わると美しいですね。

水路閣で思い出すあの名作エンディング 史実とは少し違う?

三門は諦めましたが、南禅寺で一番お気に入りの場所である水路閣には行きました。

水路閣は、なんとなく古代ローマの水道橋のような雰囲気が残る素敵な場所。

禅宗寺院の境内に、煉瓦造りの水道橋があるという意外な組み合わせが斬新です。

1888(明治21)年の完成で、琵琶湖疎水がこの橋を通って哲学の道方面に流れています。

建設当時は、古都の景観を破壊するとして反対の声も上がったそうですが、今やすっかり京都の名所。なんとなくエッフェル塔と似ていますね。

余談ですが、南禅寺の水路閣や三門は懐かしいTVアニメ『るろうに剣心 京都編』のエンディングにも登場します。

水路閣は印象的だったけれど、南禅寺三門も登場していたのは、こちらで教えて頂きました。

剣心たちが京都で活躍するのは、大久保利通さんが暗殺された直後だから、まだ水路閣はできていなかったはずだけれど、「明治の新しい京都」の象徴の1つとして採用されたのかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です