2022年夏知床滞在記1 ピーチと知床エアポートライナーで知床へ!

スポンサーリンク



最果ての地「知床」は、関西から意外に近い!

2022年8月4日(木)に、関西から知床を訪れました。

利用したのはピーチのMM121(関空→女満別)と、知床エアポートライナー女満別空港キキ知床ナチュラルリゾート)です。

関空利用者だけかもしれませんが、想像していたよりもとても近くて便利に感じたのでご紹介します。朝家を出て、午後の4時にはもう知床のホテルに到着です!

ただ、知床エアポートライナーは1日2便しかありません。なかなかスリリングな展開もあったので、ご紹介します。

ピーチに関空→女満別の直行便が就航!でも遅延(涙)

昨年ピーチは、成田や関空から、女満別空港への直行便を就航させました。

以前網走に行ったときは、新千歳から女満別へは乗り換えが必要でしたが、今回は直行便なので快適!

のはずだったのですが、ピーチにつきものの、機材到着遅れによる遅延が発生!(新潟での豪雨災害の影響?)

結局1時間45分遅れで出発。久々に乗ったピーチの進化(機内デジタルサービスで機内食などが注文できます)に驚きましたが、こんなに遅れて、知床エアポートライナーに乗れるかな?

まずいことに私たちは後部座席のため、コロナ対策の分散降機システムではなかなか降りられません。

やっと降りても、スーツケースが出てくるのを待たねばならない!

最初は余裕で乗れると思っていた知床エアポートライナーでしたが、何とか危ない橋を渡り、ぎりぎりで乗ることができました。バスの切符は、空港出口近くの自動販売機で買えます。ホテルまでは1人3.300円でした(空港へ向かうバスでは、現金のほかにPayPayも使えます。おつりが必要な場合は、PayPayの方が喜ばれました)。

ピーチがかなり遅れていたのに、バスは定刻(バスの時計で見る限り、定刻よりも1分早い13:29)に発車したのにはびっくり。JALだろうがANAだろうが、遅延には関係なく定刻出発かもしれません。気を付けましょう。

知床エアポートライナーは左側座席が絶景

何とかギリギリ間に合った知床エアポートライナー。

窓からの景色が絶景でした。女満別空港を出るとすぐ

北海道らしい田園風景が続きます。

美瑛町に行っている気分ですね!

GO TO トラベルで美瑛! パッチワークの路でCMに登場する木々と出会う

2020年10月12日

しばらく走っていると、進行方向に向かって左側の席の方が、眺めがいいことがわかりました。

網走湖もよく見えました。冬のワカサギ釣り会場とは全く違います!

網走を過ぎると、オホーツク海が左手に見えます。

少し冷たそうですが、ここもとてもきれい!

それに、空には秋の雲が浮かんでいるのにびっくり。遠くに見えているのは、知床連山の知床硫黄山(左)と羅臼岳(右)かな?

小清水原生花園のそばを通ります。オール単線のJR釧網(せんもう)本線の線路がそばを走っていて、のどかな光景。

原生花園にも一度行ってみたいな。

中間地点の斜里町のバスターミナル(JR知床斜里駅のすぐ近く)でトイレ休憩もありました(写真は女満別空港へ帰る際に撮影)。トイレ休憩があるのはありがたいです(14:52発)。

そのあとは、ウトロ温泉を目指してまたオホーツク沿岸を走ります。海がきれい!

畑もきれい!

途中一瞬だけ「オシンコシンの滝」が見えるのですが(これは進行方向右側)、シャッターチャンスを逃してしまいました。

斜里バスウトロ温泉ターミナル到着後、北こぶし知床ホテル&リゾート、私たちの宿・キキ知床ナチュラルリゾート知床第一ホテルホテル知床という4つのホテルに巡回してくれました(空港行きの場合は、各ホテル前のバス停から乗車)。この4つのホテルに泊まるなら、とても便利ですね!

本数が少ないのが玉に瑕 午後便の乗客も乗れるようにしてほしい!

女満別空港から知床まで、乗り換えなしで2時間ほど(しかもホテルまで直行してもらえる場合もある)という、とてもありがたい知床エアポートライナーですが

1日2便しかない!というのがネックです。

女満別空港発だと、9:35発と13:30発の2本のみ。

女満別空港のフライト情報を見ると、13:30以降10便が女満別に到着しているようです。すべての乗客が知床を目指すわけではないでしょうが、せめてもう1本くらい夕方に設定してもらえるわけにはいかないでしょうか?

遅れるのが日常茶飯事のピーチを利用したりしていると、特にそう感じました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。