2022年夏知床滞在記2 キキ知床ナチュラルリゾート体験記(客室編)

スポンサーリンク



2022年8月4日(木)~7日(日)に知床を観光しました。

知床での宿は、斜里町ウトロ温泉地区のキキ知床ナチュラルリゾート

知床エアポートライナーを利用すれば、乗り換えなしでホテルまで直行!

2022年夏知床滞在記1 ピーチと知床エアポートライナーで知床へ!

2022年8月18日

車の免許がない私たちには、こういう点もありがたいものでした。

オーシャンビューの客室に感動!

私たちが申し込んだのは、部屋のタイプをホテルにお任せするプラン。

2か月少し前に予約し、3泊4日3人1室で141,600(税11,520)円を支払いました。チェックアウト時には、これに加えて入湯税1,350円も必要です。

このホテルには和室もあるので、和室かなとも思っていたのですが

運よく洋室でした!

天井の照明が、とてもおしゃれな感じです。北欧風かな?

これなら3人でもゆったり過ごせそう。ありがたい。コンセントも3人で十分使え、充電に困ることもありませんでした。

次はカーテンを開けてみましょう。眺めはどうかな?

オーシャンビューでした! これは夕方5時過ぎの写真です。

もちろん駐車場もばっちり見えます。やはり車で来られている方が多いのですね。

朝の海の景色はこんな感じでした。朝の眺めも素晴らしい!

浴衣にも知床らしさが

部屋に入ると、タオルやバスタオル類は、このような籠バッグに入っていて、部屋の入口に置かれていました。

この籠バッグを持って、大浴場(露天ぶろやサウナ・岩盤浴などもあり)に行きました。広々とした温泉に朝晩入浴できるのは最高の贅沢かも。

浴衣にも、知床らしさが感じられました。

知床の動物たちが描かれています。他では見たことがない柄です。

ユニセックスな感じで、とても面白いなと思いました。

KITAKOBUSHI COFFEEなど充実のアメニティ

客室の設備も満足いくものでした。

まずキーホルダーがかわいい! 部屋の鍵はオートロックではないのですが、それが素朴な感じもします。

ペットボトルの水も毎日補充されていて、野外での活動が多い知床での滞在中、とてもありがたく感じました。

部屋にあったこのコーヒーはちょっと変わっていました。KITAKOBUSHI COFFEEと書いてあります。

北こぶし(正式名は北こぶし知床ホテル&リゾート)というのは、知床エアポートライナーが立ち寄った、港の近くのホテルでした。

2022年夏知床滞在記1 ピーチと知床エアポートライナーで知床へ!

2022年8月18日

ライバルホテルの名前の付いたコーヒーなんか出してどうするんだろう、と思っていたのですが、後で調べてみると、2つのホテルは「北こぶしリゾート」という同じ企業が経営するホテルだったのです。

このコーヒーは、北こぶしリゾートのオリジナルコーヒー。

コーヒーバッグという、紅茶のティーバッグのような形になっています。アジア発のワールド・バリスタ・チャンピオン井崎英典氏が知床のためにブレンドした、北こぶしオリジナルのスペシャルティコーヒーなのだとか。

ホテルの売店でも、このコーヒーは販売されていました。部屋にあったものとはデザインが少し違っていますが、こちらもおしゃれなデザインだなと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。