ペルージュ駆け足紀行 リヨン近郊にある「フランスで最も美しい村」

スポンサーリンク



リヨンから電車で約30分の場所に、とても小さな中世の面影を残す村があると、『地球の歩き方』には書かれていました。

その村の名前はペルージュ。

夫の強い希望で、その村へ行ってみることにしました。

電車でペルージュへ

『地球の歩き方』によると、ペルージュへはバスで行く方が一般的なようですが、バスに約1時間10分揺られて、バス停から村までは徒歩15分とのこと。

一方電車は約30分で、そこから村までは徒歩20分

どちらにしろ地図は掲載されておらず、単純に時間を比較するとどう考えても電車の方が早い。

グーグルマップとグローバルWiFiがあれば、徒歩20分でも道に迷わないでしょう。

早速リヨン駅7:42発の各駅停車(地方ローカル線)で出発!

朝早いため電車はガラガラ、私達の貸し切り状態でとても快適な列車旅(1人片道7.9ユーロ)。

30分ほどで、最寄り駅のメキシミュー・ペルージュに到着。

ここからグーグルマップ片手に、ペルージュを目指します。

想像していたよりも道は複雑ではなく(田舎なので道が少ない)、少し上り坂だったけれど、楽しく歩けました。

馬が放牧されている牧場の横を歩いたりして、美しい村に行く気分が盛り上がります。

普段あまり聞かないヒバリや山鳩のさえずる声も聞こえてきます。

20分よりは、もう少し時間がかかったような気がしますが、やがて、「フランスで最も美しい村」という看板が見えてきました。

やっと着いた!と思ったら、ここからさらに丘を登り、上の写真の建物辺りが、目指すペルージュ。

村の入り口には、ちゃんと案内板もありますが、ガイドブックには「ゆっくり散策していても、20分あれば一周できてしまう」と書かれていました。

それなら別に、地図などなくても、足の向くまま気の向くまま、適当に歩こう、ということで、朝のペルージュ散策開始。

外壁に囲まれた中世そのままの村

昨年の冬、プロヴァンス地方を旅行して、カルカソンヌやレ・ボー・ド・プロヴァンスという城壁に囲まれた町や村を訪れました。

このペルージュも、同じように、外壁に囲まれた楕円形の街です(直径は約200mほど)。

村の入り口には、ちゃんと門もありました。

この日は2017年5月5日で、日本なら祝日ですが、フランスでは平日のようで、平日の朝9時過ぎのペルージュは道を歩く人もおらず、とても静かでした。

石畳の道が続き、まるで中世にタイムスリップしたようです。

石造りの家々と、緑がとても美しい。

元々、イタリアのペルージャから移り住んできたガリア人が、ここに村を築いたことから、ペルージュという名前が付いたそうです。

日本だと室町時代にあたる14~15世紀頃(フランスではこの頃、百年戦争があってジャンヌ・ダルクが活躍していました)、この村は織物やブドウ酒造りで繫栄しました。

しかし18世紀に入ると、人々は次第に便利な丘の下の町、メキシミュー(最寄り駅があった町)に移り住むようになりました。

20世紀初頭には、人口がたった8人になってしまった時期もあったとか。

でもこの村に残された中世の家並みを保存・修復する動きも高まり、現在では住民も戻ってきているようです。

現在「フランスで最も美しい村」の1つとして登録されていますが、これに登録されるためには、様々な基準を満たす必要があるのだとか。

でもさすが「美しい村」というだけの値打ちはありました。

あちこちに花は咲いているし、可愛い犬や猫にも出会えました。

猫好きなので、猫がいるととてもうれしいです。

そして何よりも、素朴で、あまり観光地化されていないところがいいです。

私達しか観光客はおらず、いつもなら通行人を気にしながら写真を撮るのに、この日は貸し切り状態で、いつでもどこでも好きなだけ、写真を撮ることができました。

レストランやホテル、土産物屋がこれでもか、と建ち並んでいることもなく、中世そのままの、静かな雰囲気の村です。

ガレット・ド・ペルージュ

ペルージュ名物の砂糖菓子が、ガレット・ド・ペルージュ。

村の入り口近くに、売っているお店がありました。

リヨンのホテルは朝食がついていないので、これを朝食代わりにしようと楽しみにしていました。

甘くて薄いパイのような素朴な味です。

とても美味しくて、大満足。

私達は帰りの電車の時間も気になって、あまりのんびり滞在できませんでした。

ガイドブックには「菩提樹の木のある広場」が村の中心だと書いてありましたが、地図を見ないで気ままに歩いたため、広場には行っていません。

でもほんの短い滞在だったけれど、とても静かで、穏やかな気持ちにさせてくれた、思い出深い美しい村でした。

行ってよかったと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です