タロコ渓谷歴史探訪1日ツアー(馨憶精緻民宿主催)その1 七星潭

スポンサーリンク



台湾東部の歴史に触れる旅へ出発!

7月16日(日)の台湾観光のメインは、花蓮市の馨憶精緻(しんいせいち)民宿が主催する、タロコ渓谷歴史探訪1日ツアーです。

民宿のご主人(日本人男性)が案内してくださるツアーで、日本統治時代の歴史散策ができるというのが大きなポイント。

台湾東部だけでなく、台湾島全体の地形的・人文的説明に力点が置かれているようで、とても勉強になりそうです。

「体感!グレイトネイチャー」シリーズの「“怪速”! 大隆起の絶景 ~美麗島 台湾~」という番組を依然見たこともあり、台湾の地質的な話がとても楽しみになりました。

私達3人の他、同じくこの民宿の宿泊客Tさまご夫妻、そして民宿のご主人片桐さん、計6人で、9時に民宿を出発しました。

台湾のペットボトル飲料は、砂糖入りが基本

この日は晴れて、暑くなりそうだったので、私達は朝食の買い出しに行った際、コンビニで飲み物を買っていました。

日本でよく見かける緑茶もありましたが、どうせなら、台湾ならではのものも購入しようと思いました。

ちなみに台湾では、レジ袋が有料の場合が多いので、買い物の際には気を付けてください。

それを車内で飲んでみると、日本の緑茶以外は、すべて砂糖が入っていたのでびっくり。

しかも変な日本語が書かれていたりします。

台湾だけでなく、東南アジアやインド、イスラム諸国など、暑い国では砂糖入りの甘い飲料が好まれていますが、砂糖は体を冷やす効果があるのだとか。

それでもやっぱり、砂糖入りの飲み物は、カロリーが気になりますね。

花蓮の朝市と石玉回転噴水

私達の車は、日曜日の朝に朝市が行われているエリアを通り過ぎました。

今回は車窓から眺めるだけですが、地元の野菜や特産品が商われている市を見るのは大好きです。

またしばらく進むと、面白い形の噴水を発見。

花蓮はタロコ渓谷に近いこともあり、大理石の名産地なのですが、それをアピールしようと、回転する石玉の噴水を作ったのだと、ご主人から聞きました。

百聞は一見に如かずなので、YouTubeにアップロードされていた動画も、引用させていただきました。

ただご主人の話によると、この噴水を動かすのに膨大な電気料金が発生するので、差し障りのない時には、電気代節約のため噴水を停めていることもあるようでした。

七星潭(しちせいたん)で、朝の青い海を満喫!

さらに北に向けて走ると、とても美しい、コバルトブルーの海(太平洋)が見えてきました。

4年前、初めて夫婦で台湾を訪れた時、少しの間ご一緒した横浜の若い男性から、台湾東部は自然がたくさん残っていて、海がきれいだという話を聞いていたのですが、聞きしに勝る美しさでした。

この辺りが七星潭風景区と呼ばれるエリアで、海岸が弧を描くように広がっています。

元々この辺りには、小さな湖(潭)が散在していましたが、空軍基地建設のため、日本統治時代に埋められてしまいました。

夜になると上空に、見事な北斗七星が顔を出すので「七星潭」と名づけられたようです。

日本統治時代に造られたトーチカの残骸も、残っているようでした。

近くには、日本統治時代の鰹節工場を改築した、七星潭紫魚(カツオ)博物館があり、鰹節に関する様々な展示を見せてくれるのだとか(今回は時間の都合で見学できませんでした)。

ここで最初の見学&写真撮影タイム。

この海の色は、午前中が特に美しいということです。

背後に見えている山並みは中央山脈です。

このヤシの実は遠い島より流れ着いたのではなく、夜市でジュースを飲んだ残りかすのようですが、海と一緒に撮影すると、また風情が出ます。

海辺を散策している私たち以外にはあまり人もおらず、こんな美しい海岸なのに、もったいないなと思いました。

でもこの海岸は遠浅ではなく、急に深くなっているため、泳ぐことはできません。

天候によっては、人を飲み込むほどの急な高波が起こることもあるようです。

また、日本の「白砂青松」というイメージとは異なり、個々の海岸の砂は白くありません。

黒い石が多くて、昨年の冬休みに行ったニース(フランス)の海岸に似ていました。

ニーステロ事件の現場 プロムナード・デ・ザングレ

2017.06.24

迫力ある着陸シーンを堪能!

この建造物は、近くにある花蓮空港の進入灯です。

この空港は軍民共用空港で、灰色の戦闘機が駐機しているのも車から見えたし、ものすごい爆音も聞こえるし、ご主人も、戦闘機が離陸するのではないかとおっしゃっていました。

娘や夫は戦闘機に興味はなく(私は少し興味あり)、海辺を散策していたら、突如何かが近づいてくる物音が!

偶然娘がスマホで動画撮影をしていたところだったので、決定的瞬間(?)を撮影することができました。

戦闘機ではありませんが、エバー航空の子会社・ユニー航空台北発の便が、9:40に着陸する現場に出くわしたのでした。

こんなに間近で、飛行機の着陸シーンを見たことがなかったので、大感激です。

ご主人がベストの時間帯に連れてきてくださったおかげで、いい経験をすることができました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です