秋色北京 大混雑の八達嶺 877路直達バス利用者は要注意 入場券とスライダー乗車券

スポンサーリンク



長城は寒い!

北京から877路直達というノンストップの公共交通バスで、八達嶺にやって来ました。

バスから降りた時の第一声は・・・「寒い!」とにかく寒い!

こんなに天気はいいのに、バスが停まった場所は陰になっていて、太陽の光とぬくもりが来ないのです。

ガイドブックによると、標高が高い山岳地帯に延々と築かれた万里の長城は、北京市中心部に比べると、体感気温が5~10℃ほど低いと思った方がいいとのこと。

冬の北海道に行く服装を心がければいいらしいので、ダウンジャケットにマフラー、帽子は用意したのですが、やはりカイロを貼っておくべきだったかな?

トイレも寒さのせいか、特に女性トイレは混雑していました(トイレットペーパーはありません)。

スライダーと一緒の入場券

さて、まずはチケットを購入しなければならないのですが、売り場がわからない。

駐車場の近くにあるチケット売り場が閉鎖されていたのです。

到着したのは土曜日の午前10時過ぎで、観光客もたくさんいたし、特に「閑散期」でもないはずなのですが、ちょっと謎。

万里の長城(八達嶺)への行き方と観光写真集(ユーウェン中国語講座より)の写真をお借りしましたが、普段はこんな感じのようです。

このサイトによると、このチケット売場では必ず往復スライダー乗車券付きの入場券を買わなくてはならなかったようです。

長城の入場料だけなら40元(約720円)ですが、スライダー往復乗車券の料金が100元(1,800円)で、合計で140元(約2,500円)払わなくてはなりません。

これだとそんなに安くないですね。

でも上記の旅行記によると、100元のスライダーもとても面白かったようなので、興味のある人は乗ってみてくださいね。

チケット売り場を探せ!

とにかく私達は、とても運がよかったのか、高いチケットを買わずに済みました(スライダーが故障でもしていたのかな?)

訳もわからず皆が行く方向に行ってみると、長い建物内に土産物屋や食事処が並んでいます。

所々階段もあるので、足元に注意しながら歩きましょう。

窓口があるので尋ねてみると、ここは団体専用だとのことで、個人客はこの先でチケットを買うようです。

このエリアを通り抜けて先へ進みましたが、毛沢東バッジや、電池でぐるぐる池を泳ぎ回る鯉のおもちゃなど、とても面白いお土産物がたくさんあって楽しかったです。

一体いつまで歩くのかな?

やっと入り口らしき場所が見えてきました。

「八達嶺」と書かれた石碑の前で、皆が記念撮影の順番を待っています。私達はちょっと断念。

立派な城門をくぐります。

やっと見つけたチケット売り場!

ここで1人40元のチケットを購入と思ったら、11月から3月までは冬場のため、35元(630円)でした。

往復バス代16元(220円ほど)と合わせると、850円! 1,000円もしないのです。

こんな安い値段で万里の長城を観光できるなんて、なかなか信じられませんでした。

安いせいか、長城への入り口は中国人観光客で大混雑。

この入り口をくぐれば、いよいよ万里の長城が待っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です