冬の函館 マイルを貯めて片道だけ無料で函館へ! GLAYの故郷函館で知る人気のすごさ 

スポンサーリンク

初めてマイルを貯めて特典航空券ゲット!

夫婦で今までかなり海外旅行に行っているはずなのに、いつもかなり安い価格で航空券を購入しているため(旅行予定日のかなり前に購入したり、LCCを利用するなど)、マイレージポイントが付かない場合が多く、今までマイルを貯めていても、特典航空券に手が届く前に、期限切れで失効してばかりでした。

効率よく貯めるなら、同じアライアンスの航空会社を使い続けるのが一番いいのでしょうが、マイルを貯めるよりも、安い航空券を見つけてから、次の旅行の行き先を決めていたので、マイルはどうしても貯まらなかったのです。

マイルを貯める方法については、こちらのサイト(「お得にマイルを貯める」ためのマイレージの基礎知識)が詳しいです。

ところが先月、夫にルフトハンザから、マイルが失効しますという連絡が来て、どれくらい貯まっているのか調べてみたところ、日本の国内線なら、往復とも引き換えられることが判明しました。

初めての快挙なので、夫は大喜びで行先を検討し、前々から行きたかった冬の函館に決定。

ありがたいことに、私にも「一緒に行こう」と声をかけてくれました。

でも私は、調べたところルフトハンザのマイルはほとんど貯まっていませんでした。

同じスターアライアンスのANAマイルなら、何とか大阪から函館まで片道分は捻出できましたが、後の片道分は泣く泣く自腹。

一体この差はどうしたこと? 何年か前、失効直前に永久不滅ポイントに交換してしまったことしか思い浮かばない。

また間抜けなことに、購入した後で、ANAの株式優待券があったことに気づいてしまい、ショックは倍増。

さすがに20,500円の自腹を気の毒に思ったのか、ホテル代はすべて夫が出してくれることになりました。

日時は、他の予定や仕事の休みやすさを考えて、12月24日(日)~26日(火)に決定!

クリスマスを函館で過ごすなんて、なんだかとてもロマンチックで素敵です。

ANAの機内で、函館についてお勉強

私達が搭乗するANA745便は、小さな子供を連れた家族連れが多く、ほぼ満席。隣は台湾人(?)カップルでした。

定刻通りに大阪空港(伊丹)を離陸し、イヤホンで音楽など聴いていました。

ところがふと機内モニターを見ると、北海道観光特集番組をやっているではありませんか! なんというグッドタイミング!

「セレクトラベル北海道小樽・函館編」という番組で、外国人男女が、リーズナブルコースとラグジュアリーコースに分かれて、それぞれの方法で観光を楽しむというもの。

ちょうど最初のリーズナブルコースの途中(登別クマ牧場)から見ることができました。

函館は、10年以上前に行ったことがあるけれど、今回は仕事も忙しくて準備も情報集めも何もしていなかったから、この番組はとても役に立ちました。

奇数便(函館行き)では毎回放映されているようです。

GLAYアリーナツアーの最終日

さて、無事に函館空港に到着し、空港シャトルバスに乗って函館駅へと向かいました(大人410円 現金のみ)。

駅から市電の方向に歩いていくと、ものすごい行列ができていました。

何だろう? 団体ツアーが市電を利用するのかな? などと最初は思っていたのですが、行列は伸びるばかり。

一体どうしたんだろう?と思って反対側のホームに並びながら、夫と話していたら、八戸から来た女性が、「今日はGLAYのアリーナツアー最終日ですよ」と教えてくれました。

GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS”函館アリーナ二日目

そういえば函館は、GLAYのホームグラウンドだったよなと一人納得していると、夫が「GLAYって何?」と質問。

日本を代表するビジュアル系ロックバンドだっだと思うよ、と答えておきましたが、私も実はよく知らない。

でもファンの熱気がとてもすごいなということは、よくわかりました。

函館の市電は1両編成なので、この行列をさばけるのかなと心配していましたが、増便が出ていました。

もしかしたら、今日の、ほぼ満席のANAの乗客の中にも、このコンサートに行くファンがいたかもしれません。

街中を歩いていても、よく、GLAYのポスターを見かけました。これは函館朝市近くの、鯨肉を扱う店(写真小さいです)。

こちらは、元町観光案内所の内部です。

最後は、この日お世話になった東横INN函館駅前大門の自動ドアに貼ってあったもの。

もちろん市電のドアにも貼ってあったのですが、残念ながら写真には撮れませんでした。

ちなみにGLAYは、2014年にメジャーデビュー20周年を迎えたそうです。この息の長さも、ファンの力じゃないかなと思えました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です