冬の函館 東横INN函館駅前大門から函館朝市へ 活気ある朝市で活イカ釣り見学!

スポンサーリンク



函館1日目の宿は東横INN函館駅前大門

昨年の12月24日(日)から、函館二泊三日の旅に出た私達の1日目の宿は、東横INN函館駅前大門

駅から少し歩きましたが、函館朝市や繁華街にも近い便利な立地条件です。

12月24日はGLAYのアリーナコンサート最終日だったため、ファンの宿泊場所にもなっていたかもしれません。

冬の函館 マイルを貯めて片道だけ無料で函館へ! GLAYの故郷函館で知る人気のすごさ 

2017.12.27

夫が東横ファンで、先日平塚で宿泊したときに会員になっていたため、会員価格の税込4,752円で喫煙エコノミーダブルに泊まることができました。

台風接近中の北鎌倉観光 古書とビブリア古書堂に引き寄せられた不思議な体験

2017.11.10

しかも会員カードを忘れても、後日会員カードをコピーしたらポイントを付けてくれるということでした。

部屋はこんな感じです。

面白そうな本があったことに、チェックアウト前に気づきました。今度泊まるときには読んでみようかな。

東横INNは、朝食料金が含まれています。函館朝市で朝食というパターンもあるのですが、せっかくなので、朝食はこちらでいただきました。

チェックアウトして、まずは函館朝市の見学です。

やっぱり朝は賑やかな函館朝市

昨日の昼、函館朝市で昼食を食べたのですが、その時にはもう営業終了の店もあり、ちょっと寂しい部分もありました。

冬の函館 函館グルメの中でもコスパ最強! どんぶり横丁で味わう朝市五色丼

2017.12.28

でもやっぱり朝は賑やかで、とても活気がありました。魚介類の他に、メロンなども売られていて、朝のデザートとして食べ歩きを楽しんでいる人もたくさんいました。

ここは函館朝市塩干市場。鮭が目を引きます。

屋外の小店舗も、いろいろな海産物を並べて盛んに呼び込みをしています。

生きているカニを鍋に入れているなどなかなかワイルドで、異国情緒あふれる港町函館の、もう一つの顔が見えてきました。

きくよ食堂も見つけました。ここの丼を朝食に食べてみたかったな。

ミニ丼という種類もあって、ちょっと軽く食べるのによさそうだなと思えました。

近くには支店もありました。ちょっと見えにくいけれど、黄色い看板の店です。

昨日寂しかった函館朝市ひろばも、賑わっていました。

元祖活いか釣り堀を見学

函館朝市えきに市場も活気があり、たくさんの海産物が売られていました。鮭やイクラ、ホッケやたらこが誘惑してきます。

でもここでは、買い物だけでなく、イカ釣りを楽しむこともできるのです。

元祖活いか釣り堀というのがあって、ちょっとした人気スポットのようでした。

でも、肝心のイカは、朝市でもあまり売られていなくて、最近不漁が取りざたされている状態。

ここの釣り堀も、ちょっと数が少ないかな?

それでもチャレンジしている観光客はいて、見事に釣り上げる瞬間を目撃することができました。

イカの頭から横に出ている「エンペラ」という部分に針をひっかけるといいそうです。意外と簡単なのだとか。

でも、反撃して水や墨を吹く場合もあるというから、注意してください。イカも必死ですから。

釣ったイカは、その場で板前さんが調理してくれます。

新鮮なイカ刺しが味わえるとあって、とても気になったのですが、今回は時間がなくてパス。

釣り堀の近くにあったイカのオブジェ(イカの神様?)に、イカの豊漁を祈りました。

ちなみに、函館市の魚はスルメイカだそうです。私もイカは刺身、煮物、するめ、いかくんなど大好物。

来年は、函館朝市にたくさんイカが並んでいるといいですね。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です