世界一幸福な動物・クォッカに会う! インド洋の宝石・ロットネスト島サイクリングツアー3

スポンサーリンク



2018年12月29日(土)、HISのオプショナルツアーで申し込んだ1日ツアーに参加しました。

世界一幸福な動物 クォッカに会いに行こう!人気No1     インド洋の宝石 ロットネスト島ツアー【英語/日本語】

夫や娘の希望で、「おまかせ日本語ガイド自転車ツアー&ランチのコース」を選択。1人15,630円(183AU$)でした。

世界一幸福な動物・クォッカに会う! インド洋の宝石・ロットネスト島サイクリングツアー2

2019.03.08

世界一幸福な動物・クォッカに会う! インド洋の宝石・ロットネスト島サイクリングツアー1

2019.03.07

神秘的な塩湖に遭遇

ワジェマップ灯台の建つ丘からは、雄大な島の景観を眺めることができます。

オリバーヒルという丘には、大砲があるらしいのですが、目が悪いせいかよく見えません。

ツアーのゴール地点、ランチ会場を目指します。

その時、ロットネスト島で一番印象的な場所に出会いました。

ピンクの湖です! こんな光景、初めて見ました。

よく見ると、ピンク~紫~青という、美しいグラデーションになっています。

ガイドさんによると、この湖は塩の湖(ソルトレイク)で、ピンク色はこの湖に棲むエビの色らしいのです。

波の花というものを、ここで初めて見たかもしれない。

あまりにも幻想的な光景なので、ツアーの後、ランチの後の自由時間に再度訪れました。

ランチの場所からは、自転車で10分ほどの距離です。

ちょっとエビの匂い?はするけれど、こんな風景、日本では見ることができません。

ツアーでは、メンバーの自転車が壊れたりして(自転車を取り換えたそうです)、ランチの時間に間に合うかどうかというスケジュールになってしまい、あまり写真タイムがなかったのですが、午後の自由時間では、湖の中にも少しだけ入ったりすることができました。

青い空と白い風力発電機、そしてピンクの湖が、まるで前衛絵画のよう。

この島にある湖はすべて塩湖で、環境保護のために立ち入りは禁止されているそうです。

クオッカを見ながらランチタイム

予定時間よりも遅れて、何とかランチ会場に到着。

カルマ・ロットネストというホテルのレストランがツアーのゴール地点でした。

なかなか大きくてきれいなホテルのようです。

14:00でランチバイキングが終わってしまうのですが、何とかぎりぎり間に合いました。

ランチはこんな感じです。

デザートも充実。

このレストランに、庭からクオッカが遊びに来ていました。

平気で側にやってきます。かわいいな。

でもこんなアクシデントも。ここがレストランだということは、クオッカには関係なし。

スタッフが「またか」という感じで、お掃除に来てくれました。共存も大変です。

庭にもクオッカはいました。

かわいく撮影できたかな? ちょっとクオッカが笑っているように見えるかな?

トムソンベイのローカルビーチ

16:30の集合時間までは自由時間なので、塩湖を訪れた後は、船着き場のあるトムソンベイへ。

ここは、島で最もにぎやかなエリアです。

あのドームカフェもありました。

ここからもう一度、ツアーで訪れたポアパスベイを目指したのですが、道に迷ってしまい、トムソンベイの一角(と思われる)ビーチへ。

地元の人しか訪れないビーチでしたが、とても美しいビーチです。

船着き場の近くなので、たくさんのクルーザーが停泊していました。

クルーザーが身近な存在になっているこの島が、とてもうらやましいなと思いました。

再びパースへ

私たちの集合場所は、船着き場近くのインフォメーションセンター。

インフォメーションセンターは2箇所あるのですが、土産物屋が併設されている方です。

16:30に皆遅れず集合し、17:00の船でロットネスト島を出発。

行きの時は気づかなかったのですが、クオッカのかわいいポスターもありました。こんな風に笑顔のようなクオッカの写真を撮るのは、結構難しいと思います。

高速でインド洋を走るときは、窓の外はこんな感じ。酔い止め薬がなくて心配しましたが、誰も船酔いはしませんでした。よかった!

18:30頃パース到着。ホテルまではバスで送ってもらい、無事にツアー終了です。

ロットネスト島を全周するならバスがいいと思いますが、自然や地形のアップダウンを体感するならやっぱりサイクリングがいいなと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です